読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

谷間の白い花

f:id:ventottoprimavera:20170418060907j:plain

城の数・19

このイースター休みに行った城の数、19。
A型なもので、すぐに写真を整理するのですが、
いつもは日にち毎に分けてるのを今回は場所毎に分けてみると、この数。
アオスタとか、サンヴァンサンとか、町の写真も撮ったのですが、
それを含めずに、です。

それでもまだこの地方のお城は全て撮影出来ておらず。
なんと多いことか。
今回はアオスタの西10km程度まで行けたのですが、
クールマイヨールまでたどり着けませんでした。

ヴァッレダオスタは、いつもの赤い屋根だらけのイタリアと違い、
石で出来た屋根が町を彩っていました。
その様は、お城の景色も含めて、あたかも中世に迷い込んだかのよう。
いつもの音楽も良いのですが、
何故か夫婦二人して、ドラクエVの音源をずっと聞いておりました。
これがまた、この道中にすごく合うのです。
なんだかドラクエの世界を歩いているようでした。
また行きたい、ヴァッレダオスタ!

今日のBGM

ドラクエⅤ「街は生きている」


ドラクエ5 BGM 街は生きている

私はドラクエはⅠ〜Ⅸまで楽しんでいた人間ですが、
ゲームを殆どしない妻はⅤのみ。
きのこ派とたけのこ派のように、
ビアンカ派とフローラ派が世の中にはいるのですが、
私も妻も、ビアンカ派です。

ちなみに、Vの音楽は一番聴き馴染んでおります。
結婚ワルツもいい曲ですし、戦闘、ボス戦と大魔王戦の曲が本当に大好きです。

城だらけの州・ヴァッレダオスタ

f:id:ventottoprimavera:20170417071335j:plain

城だらけの州・ヴァッレダオスタ

イースター休みはヴァッレダオスタ州におります。
ピッツェリアはどうやって紹介するか、悩んでおりますが、
まぁ、まずは最近の写真をば。

このヴァッレダオスタ州は、州として小さい割に、城がそこら中にあります。
写真のお城もその内の一つ、Castello Reale di Sarreです。

ムッジョの猫

f:id:ventottoprimavera:20170328040900j:plain

ムッジョの猫、思う

今日何気なく入った、あのピッツェリアの味は美味しかった。
あれでランチセット5ユーロってんだからびっくりだ。
なんせ完璧なトマトソースの味、ピッツァナポレターナの生地、柔らかさ、甘さ、
それがちょうど腹八分くらいで止まるようなサイズで、
ドリンク(アルコール可)と食後のコーヒー(エスプレッソ)がついてくるなんて。
普通のミラノ郊外のバールで、どんなに安く昼食を食べたところで、
ドリンク1〜2ユーロ、コーヒー1ユーロになって、食事がパニーノ3ユーロ、
まぁ確かに、トータル5−6ユーロってのが妥当だが、
それが、パニーノなんていうパサパサした味気ないサンドイッチじゃなくて、
最高品質のピッツァだってんだから、驚きだってもんだ。
一つ残念なのは、腹八分で収まるサイズなので、
あまりの美味しさに物足りなさを絶対に感じてしまうことだ。
つまり、食べたら最後、ユーキャントストップってやつだ。
今日、食べ終わった後にもう一枚食べなかった自分を褒めてやりたい。
幸い明日もミラノ北部で仕事があるので、昼は無理してでも行こう。
絶対に行こう。
自分一人でも行こう。

・・・そんなわけで、明日写真撮りに行って、紹介します。
ミラノ北部の町、Muggio/ムッジョのピッツェリアです。

ジェノヴァの犬

f:id:ventottoprimavera:20170411055824j:plain

カーネ・ジェノヴェーゼ

くぅ〜、ちくしょうめ。
とっさのシャッターチャンス、ピントが上手く合わなかったぜ。
何だって、俺は大事なところを逃してしまうんだ、いつも。

こんな日には、窓からカワイコちゃんでも眺めてるかねぇ。
こんな晴れた日には、ちょっとカワイコちゃんに声でもかけるかねぇ。
きっとあのコだってゴキゲンに違いないさ。

ジェノヴァのボッカダッセ地区

f:id:ventottoprimavera:20170410061315j:plain

ジェノヴァの郊外の素敵な地区

お題「この色が好き」

ジェノヴァに小さいチンクエテッレみたいな景色があると聞いて、
行ってきました、Boccadasse地区。

本当に小さな地区ですが、少しチンクエテッレに行けた気分になりました。
チンクエテッレを、私は数年前の豪雨の翌日に行ったせいで、
前の晩に買った電車のチケットが電車の運転見合わせでおじゃん、
車も通行止めで5つの村の内の2つしか未だ回れていません。
こんな可愛い色した建物が出迎えてくれるはずだったのに。

でも今回ジェノヴァで、違うものとはいえ、この色を味わえたのは幸せです。
数年ぶりに訪れたジェノヴァは、煩雑なところもあるとはいえ、
狭い路地を歩くのも楽しく、またこういう可愛いところもある、
海辺の美しい街でした。

 

ちなみに、周辺の青線路駐地域は、休日は6月から8月まで有料で、
4月のこの時期は、気候も暖かいし、あまり人もおらず駐車も無料でしやすく、
非常にオススメだと思いました。