Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

Europe

マッターホルンとミラーレイク

お題「海派? 山派?」 出張に次ぐ出張の秋 先週からオーストリアに行っていた夫は休む暇もなく、今度は日本・台湾へと出かけて行きました。 夫は外資系企業にいるので、社内は自身以外はほぼEU圏の人々。とても先進的でフレンドリーな企業なので、働く夫が…

ルガーノという街

ルガーノを広めたい 昨日はスイス、Fox Townとルガーノに行ってました。 ミラノは車で軽く30分ほど走ればスイス国境に着いてしまい、しかも残念なことにスイス側国境近くにはFox Townというアウトレットがあるお陰で、妻に「連れてけ」とお願いという名の命…

ユングフラウ鉄道

有朋自遠方来 不亦楽。 大学時代の友人がこっちに来たので、一緒に出かけておりました。明日まで彼はいます、そして私は明後日からまた出張です。嬉しい事とはいえ、忙しいと心を亡くしますね。しかしそれでもなお、久しぶりに会えて、沢山話せることが、人…

夕暮れと鐘

夕暮れと鐘 今日はそんなタイトルです。少し忙しい日々が続いています。

サントリーニのワイナリー

ワインテイスティングinサントリーニ サントリーニ島にはワイナリーがいくつかありますが、その中で有名なのは、島の中央部に位置するサントワインでしょう。 見学ツアーの中の樽の部屋です。その後、テイスティングできるのですが、酒飲みの方は絶対楽しい…

サントリーニ・猫

猫が飛び降りる様 サントリーニは猫の島とあれど、犬の方が多かったんです。そんな犬が通るだけで、のんきに眠そうにしていた猫は、犬が届かない門の上へ飛び乗り、毛を逆立てていました、初めて見た。 犬という危険がなくなって、ようやく、と降りる瞬間を…

夕暮れのクレタと海と女の子

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」 あーあ、夏が終わっちゃった。 女の子とありますが、妻です。年齢詐称ですみません、と謝ると妻に怒られるので、謝らないでおきます。あっちもこっちも立てられないんです、旦那というのは。 我々の夏休…

クノッソス宮殿の夕暮れ

クノッソス宮殿! クノッソス宮殿には最終日、18時頃に行きました。ヘラクリオンの考古学博物館と同様、20時まで開場*1だったためです。 先に考古学博物館に行き、夕方宮殿に行ったのは正解でした。やっぱり夏のエーゲ海、日差しはとてもきつい。太陽が上っ…

バロスビーチ中

バロスビーチ海中 昨日の続きですが、バロスビーチの海はすごく澄んでいて、子どもの腕くらいある大きさの白い魚とか泳いでいました。 海中が手軽に撮れちゃうなんて、世の中便利になったもんだ。

クレタのビーチ筆頭バロス・ラグーン

軽いハイキングの後の目を瞠る風景 今回、クレタ島にも行ってました。 クレタ島、なんといっても安い!ヨーロッパの観光地かとビックリするくらい、ご飯やホテルが安いです。あまり日本の方にも知られていないんだと思います。全くといって良いほど日本の方…

イアの夕暮れ

帰宅しました あまりネット環境が良くなく、サボりぐせも重なって久しぶりの投稿です。 写真はサントリーニのイア。夕陽が沈んだ後の時間帯が、個人的に一番好きです。イアの夕暮れをタイムラプスで撮影したんですが、まず載せたいと思ったのはこの夕暮れ後…

サントリーニにおります

ハネムーン中です。 ギリシャはサントリーニ島に来ています。今日は火山の島と温泉を巡るツアーに参加して、その後、世界一綺麗だという夕陽を船の上で観に行きました。世界一かどうかは分かりませんが、私が観た中でもかなり思い出に残る夕暮れでした。あま…

バルセロナでテロがあるなんて・・・

嗚呼・・・ ヨーロッパでテロがある度に悲しい気持ちになります。 バルセロナのランブラス通りは綺麗な通りです。深夜も明るくて、呑兵衛たちが集まってわいわい騒いでる、素敵な通りです。もちろんスリとか軽犯罪はあれど、危険な目に遭う事が考えられない…

マルタのブルーラグーン

お題「この色が好き」 これぞクリスタルブルー! 好きな色は数あれど、夏で一番好きな色は、このクリスタルブルー。 これまでも多くの海を見てきましたが、人生で初めて「船が宙に浮いて見えた」のは、マルタ共和国のブルーラグーンでした。昔、記事にも書い…

夏休みを目の前に

お題「夏休みの計画」 2015年夏のミコノスタウン ようやく夏休み! 全く空気を読まずにバカンス真っ盛りの8月半ばに役所に招集するイタリアという国家を呪いながら(8月半ばに役所がやっていることにも驚き)、用事も無事完了し、今週から少々遅ればせなが…

アイスランドの氷を懐かしむ

お題「好きな街」 こういう暑い時こそ氷 夏だから、とアイスランドの写真を載せるのは、去年に続いて2回目です。 氷の洞窟だけじゃなくて、アイスランドという国自体が、すごく素敵で、幻想的な場所でした。 もう一度行きたいなぁ。

ミラノのプラネタリウム

ミラノのプラネタリウム内 先日、七夕のイベントでプラネタリウムに行った時の写真です。 正直、設備は古いし、椅子も木だから快適じゃないし、と、想像通りのイタリアだったのですが、ドームは芸術じゃないかと思うくらい感動しました。レンガ(?)作り、ここ…

ヴェネツィアのゴンドレ

お題「カメラ」 昨日の写真は私たちのではありません すみません、先日のフラワーシャワーを両手に持った写真は、私が撮ったものではなくて、友人が撮って、私にくれた写真を使いました。今度またこっちに来る時に、彼にはお礼を言おうと思っています。 どう…

Wedding in Paris - パリのフラワーショップ編 -

お題「結婚」 フラワーシャワーがしたい! 結婚式に欠かせないものといえば、ウェディングブーケ。 挙式では、白を基調にしたフレッシュフラワーのパリスタイルブーケ(ヘアメイクさんに当日ご用意いただきました)、フォトツアー&披露宴では、事前に自分で…

エッフェル塔が見える街角とモノクロ写真のお話

パリの街角 自分の直感に従ってモノクロにしてみました。ただ雲と青空のコントラストがちょっぴり気に入らないんですよねぇ。 そういえば、モノクロ写真について、以前、某ドイツ系お値段すんごいカメラメーカーさんの、技術の方とお話したことがあります。…

エッフェル塔午前1時の姿

お題「カメラ」 エッフェル塔午前1時の姿 italia.hatenadiary.com 一応先日お話した件です。皆さん優しくて、ついつい甘えて、記事をサボっていました。 エッフェル塔のライトアップは、前記事の写真の通り黄色灯が中心で、唯一、時報のように毎時ちょうどに…

Wedding in Paris - レストラン編 -

お題「もう一度行きたい場所」 披露宴会場に決めた”Lasserre" 私達は、EU圏の友人も気軽に週末参加してもらえるよう、挙式を土曜日にセッティングしました。週末は礼拝などの行事があるアメリカンチャーチは、それらが終わる17時から挙式のプログラムを組ん…

Wedding in Paris - 教会編 -

お題「結婚」 パリのアメリカンチャーチ 昨年初めに、パリで結婚式をすると決めてから、早速、昨年4月に下見をしにパリに飛びました。 イタリアという、世界中からハネムーナー達がやってくる国に住んでいるのに、何故パリで?ということで、周囲から散々質…

パリで挙式しました

お題「結婚」 ようやく結婚式です。。。 匿名性を謳歌するためのブログなのですが、さすがに挙式準備と挙式後の諸々で更新が滞ってしまったので、言い訳をきちんと記載させていただきます。 いやはや、本当に疲れました。先週から今日まで、妻の忙しさはもち…

ミコノスの犬

夏をどう乗り越えましょうか 犬だって暑いんですよ。 しかも、こんな毛を全身にもふもふさせて。それでも散歩ではトコトコ、その四肢をフル活動して、私のジョギングなんかより全然まともに走ってる。 なんと頑張り屋なわんこさん達なんだろう。我々は、服装…

マリメッコの本社アウトレット@フィンランド

みんな大好き!?マリメッコ 昨日のアラビアセンターに続き、マリメッコのアウトレットのことも書いておきます。 アクセスや営業日など詳しいことは、こちらに書きましたのでご覧ください↓ guide.travel.co.jp この記事↑、結構なアクセス数で、日本でのマリ…

ヘルシンキのアラビアセンター

あなたのことはそれほど・・・ 昨夜、春ドラマの「あなたのことはそれほど」という恋愛ドラマを観てみました。 ヒロインの夫がインテリア会社勤務という設定で、家の内装が可愛い。 そして、夫が料理上手で、こだわって使っている食器が、24H・TUOKIOなど、…

春先のアーモンド

3月中旬から北イタリア各地で咲き誇っていたアーモンドの花です。今はもうほぼ散ってしまい、すでに新緑が次々と芽吹き始めています。3月は別れの季節ですねー。こちらでは3月決算4月始まりという文化はないので、特別そう感じることはないのですが、仲…

ヘルシンキでのショッピング

ヘルシンキのSTOCKMANN フィンランドって、ネイチャー系がメインなんですが、ショッピングを楽しみに行く人が結構多いと思うのです。マリメッコ・イッタラ・アラビア・ムーミン、、北欧雑貨が好きな人にはたまらないブランド目白押しですよね。 写真は、ヘル…

Laplandの森とFinlandia

Laplandの森 ラップランドの風景です。 長い冬の間は、こんな荒涼とした、でもファンタジックな景色が延々と続いています。運が良ければ、オーロラが空で踊ります。 この夜、インストラクターとツアーのメンバーと一緒に、ひたすらスノーモービルで走り(私…