Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

Italy

ヴェネツィアのゴンドレ

お題「カメラ」 昨日の写真は私たちのではありません すみません、先日のフラワーシャワーを両手に持った写真は、私が撮ったものではなくて、友人が撮って、私にくれた写真を使いました。今度またこっちに来る時に、彼にはお礼を言おうと思っています。 どう…

七夕@ミラノ

ミラノで七夕! 少し遅くなりましたが、七夕です。 実はここ毎年、7月7日のミラノのプラネタリウムで七夕鑑賞をやっております。そして、普段は行かない我々も興味でプラネタリウムに行くのですが、七夕だからなのか、それとも普段からなのか、激烈に混んで…

ヴェネツィア、海のギャング達

海のギャング達 ヴェネツィアの街をのっしのっしと歩くこのギャング達。この街は彼らのもの、神出鬼没に現れ、とにかく食べ物を狙っています。時には実力行使にも出て来ます。 バサバサッ! 何枚も撮ろうとしても、ピントを合わせてくれません。。。くぅ。。…

はてなの制限にイライラ

先週末はヴェネツィアにおりました 先週末・・・イタリアは金曜日祝日の三連休。オーストリア、ドイツは月曜日祝日の三連休。 進まない・・・ いやはや、高速が非常に混んでおりました。片側4車線のミラノーヴェネツィア線なのに、です。もっと朝早くに出れ…

ピサの斜塔・上空

着色しても青は綺麗 あっつい、あっつい。もう今日は暑い、今も汗だくだく。 イタリアは何故か北部が暑く、ナポリやローマなどの南部は過ごしやすい気候なのです。ミラノ、アルプス近いのに終わってんな。 しかし例年以上に暑くなるのが早い。つい先月末まで…

ジロ・ディ・イタリアその2

観客犬 犬だって、観ます。 こっちは朝の練習の方です。皆さん、朝からすごく走ります。 ただチーム一台毎に白バイの先導者が付きます。本番ではさらに沿道に、見回りの警察が付きます。日本だと、警察の皆さんも大変ですね、と同情するのですが、この国だと…

ジロ・ディ・イタリア最終日

ジロ・ディ・イタリア最終日 海外にいる事の悪い事は、日本の流行や恩恵を受けられない事ですが、その分、現地の流行や恩恵を受けられる事は強みです。 ジロ・ディ・イタリア / Giro d'Italiaは、有名なイタリアの自転車レース。今年はその100回目にあたり、…

サン・ヴァンサンの夕暮れ

サン・ヴァンサンの夕暮れ 加工物が増えていくなぁ。実際の写真も本当に綺麗だったんですよ。 近況 かなり忙しくやっております。明後日から日本出張もあって、仕事は特に大変です。他にも私事でやる事も沢山あります。なのに、どうしてこういう趣味に精を出…

城だらけの州・ヴァッレダオスタ

城だらけの州・ヴァッレダオスタ イースター休みはヴァッレダオスタ州におります。ピッツェリアはどうやって紹介するか、悩んでおりますが、まぁ、まずは最近の写真をば。 このヴァッレダオスタ州は、州として小さい割に、城がそこら中にあります。写真のお…

ムッジョの猫

ムッジョの猫、思う 今日何気なく入った、あのピッツェリアの味は美味しかった。あれでランチセット5ユーロってんだからびっくりだ。なんせ完璧なトマトソースの味、ピッツァナポレターナの生地、柔らかさ、甘さ、それがちょうど腹八分くらいで止まるような…

ジェノヴァの犬

カーネ・ジェノヴェーゼ くぅ〜、ちくしょうめ。とっさのシャッターチャンス、ピントが上手く合わなかったぜ。何だって、俺は大事なところを逃してしまうんだ、いつも。 こんな日には、窓からカワイコちゃんでも眺めてるかねぇ。こんな晴れた日には、ちょっ…

ジェノヴァのボッカダッセ地区

ジェノヴァの郊外の素敵な地区 お題「この色が好き」 ジェノヴァに小さいチンクエテッレみたいな景色があると聞いて、行ってきました、Boccadasse地区。 本当に小さな地区ですが、少しチンクエテッレに行けた気分になりました。チンクエテッレを、私は数年前…

サローネとポケモンGOの話

ミラノでポケモンGO お題「ポケモンGO」 ふとお題スロットを回して、真っ先に出てきました、ポケモンGO。 意外にまだやってます、ええ、子どもなんです。私なんかはポケモンの初代の世代で、緑と赤、両方やりました。ただ、親にゲームボーイを買ってもらえな…

家からの夕暮れ

家の近所 ウチからの眺めです。案外、人通り車通りが激しいです。

近況とミラノのドゥオモ

楽しみがあれど、忙しい 写真は楽しみがたくさんありますね。ちっぽけでもスランプはあって、どうすれば抜け出せるのか分からなくなります。でも、とりあえず色々マネしてみるのが、脱出できる近道みたいで。こういう歩みを止めない人たちがプロになれるので…

サンシーロ競馬場へ行く

馬券を握りしめて 妻が飼い猫のように「どこか連れて行け」とゴネるので、サンシーロ競馬場に行きました。でも実は初デートの場所だなんて、思い出の土地だったりします。 土曜日と間違えましたが、どうやら今日はシーズン開幕の日らしく、重賞レースがある…

フィレンツェの橋

イタリアって・・・ 何でこんなに綺麗なんでしょうね?まぁフィレンツェ程の、風光明媚な街は早々ないんですが。 明日から妻が1月のフィンランドを報告します。私はまたまたウィーン出張。。。

マノロ・ブラニク - The Art of Shoes -

マノロ・ブラニク展に行ってきました ミラノはヨーロッパ都市のなかでは見どころ少ないと言われるものですが(メインはドゥオモと「最後の晩餐」)、昔から経済の街であるミラノ、貴族の瀟洒な元邸宅を改築した小規模な美術館がちょこちょこあって、在住者に…

今週はボローニャ

ボローニャにいました 今週もあと少しですね。 今週は出張3週目、ボローニャ1泊でした。そもそもたかがボローニャ、ミラノから車で2時間なので本当は泊まりたくなかったのですが、晩にわざわざ戻って、朝にわざわざ渋滞突き進みながら行くのもあれなので、宿…

ヨーロッパの鐘の音にはご注意

鐘にはお気をつけください バカと煙と私は、高いところがあるととりあえず上るので、ヨーロッパの観光地に行くとまず高い塔には上ります。 ヨーロッパの高い塔は、だいたい教会に隣接しているか、教会関係で、必ずと言っていいほど、鐘があります。 さて。 …

ミラノ郊外の朝

年始の出来事 今年の働き始めの朝ですが、まぁ対向車線が何かの事故でえらいことになってまして。 そしたら、それにしびれを切らせた後続車たちが、停止状態から低速ギアで、アクセルをこれでもかと吹かして、中央分離帯をガコガコと乗り上げておりまして。 …

新しい一歩

お題「カメラ」 NBE Finlandに選ばれました 来年1月にフィンランドのヘルシンキで開催される、NBE Finlandのメンバーに選ばれました!NBE Finlandは、Nordic Bloggers’ Experienceという、旅行メディアやブロガーの世界的イベントです。 nbe.messukeskushel…

ミラノのドゥオーモ2013

有朋自遠方来、不亦楽乎 ミラノのDuomoです。明日はこのドゥオーモを目印に、今研修でロンドンに来ているという大学時代の後輩と久しぶりに再会します。 「メロディック・パワー・メタルが好きです。」と入学式の時に語ってくれた、彼が半年の研修最後にわざ…

ミラノの一コマ

お題「カメラ」 暖を取り戻せ 寒くなりましたね。暖かい日が恋しくなる毎日です。 今日はミラノは何度だったんでしょうか。ウィーンの人は−2℃と言っていました、来週からウィーンなんだよなぁ。 写真は夏くらいに撮影した、ミラノのアジア食品店の一コマで…

再・ドロミテ・カレッツァ湖の緑

お題「カメラ」 もう一度カレッツァ湖を 別にこだわりというか何でもないんですが、もう一度カレッツァ湖の写真を、今度はヴァーティカルにして。前回のホリゾンタルな写真も良いのですが、ヴァーティカルにして写真の色の消えていく様も、どうしても好きだ…

秋深まるモンツァ

お題「今日の出来事」 秋深まるモンツァ 今日はモンツァ公園に行ってました。 モンツァというとF1サーキットがあるモンツァ公園で有名なのですが、意外にモンツァ公園自体がモンツァの小さな旧市街を通って行かねばならず、さらにサーキット自体は旧市街の反…

ヴェネツィアの2月の混みっぷり

カーニバル時期のヴェネツィア イタリアも2月なんてのは寒いシーズンですが、2月は毎週どこかでカルネヴァーレをやっている季節に突入します。ヴェネツィアは2月末から3月上旬にかけて、毎年300万人も来るそうで、普段観光客だらけのヴェネツィアは普段…

ミズリーナのドンキースマイル

お題「カメラ」 ドンキースマイル 妻が撮ったのですが、いい笑顔ですよね。 ドロミテは、ミズリーナのロバたち。 ここにたどり着くまで、何度も、何度も、激写してました。

サッビオネータの高〜い天井

た、高い…と思いきや サッビオネータは小さい村ですが、色々と面白い見所があります。ガイドブックに載っていない中ではこれ。インコロナータ教会 / Chiesa dell'Incoronata、イタリア語で「戴冠」の意味を持つ教会なのですが、その天井たるや、思っていた教…

マントヴァの猫

今日の一枚と近況をば 先週はマントヴァ / Mantovaとサッビオネータ / Sabbionetaに行っておりました。この二つは合わせて一つの世界遺産。イタリアにはゴロゴロしている世界遺産ですが、やはり見応えはあり、二つを回るのに、駆け足で回ってようやく街並み…