読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

パリ・カウントダウン

お題「カメラ」

お題「好きな街」

お題「小さい春見つけた」

f:id:ventottoprimavera:フランス;パリ;セーヌ川;ドック

赤数字、等間隔に並べれば明日に届くカウントダウン

 

4月といえば、もう春なんでしょうが、寒い日と暖かい日が交互に続いて、なんとなくまだ春へのカウントダウンの中にいる気分です。

写真はパリ・セーヌ川沿いのアレクサンドレ3世橋から西に見た景色です。赤の数字がどうしても気になり、撮ってみました。赤という色はやっぱり映えますね、写真をぱっと見て、一番目に当たります。

 

パリは素敵な街ですよね。先々週末、凱旋門の写真をアップした頃は個人的にパリにいまして、少しの間ながら久しぶりに見てまわってました。いやはや、沢山見るものがあります。有名なものもそうですが、それ以上に街並みが一つ一つ綺麗で歩いていても飽きることがありません。

個人的にパリの中心地を分けると、西からエッフェル塔近辺、凱旋門-シャンゼリゼ通り近辺、オペラ座-マドレーヌ寺院近辺、ルーブル美術館近辺、ノートルダム大聖堂近辺、バスティーユ広場近辺。異論は認めます。各エリアは隣くらいなら頑張って歩けますが、2つくらい離れていると地下鉄を使った方が良いな、と思います。

また中心地だけで、何が見たいか考えないと移動に無駄が生じます。今回僕らは教会回りの目的もありましたが、一つはヨーロッパ写真美術館/Maison Européenne de la Photographieを観に行くのもありました。シャンゼリゼ近辺の宿だったので、さすがに地下鉄を使い移動。それでも雨が激しい日だったので、結局そこ以外は見ずに1日終了。もう少し考えて行動すれば、という後悔は少しあります。

あと、僕らは美味しい、香ばしいパンに飢えていまして、今回の旅はベーカリーを探すという目標もありました。イタリアのパンと比べて遥かに美味しいフランスのパンは、どうしても天国の食べ物に思えます。レストランであまりの美味しさに感動したパンは、周りの席を見ると、殆ど手をつけられてませんでした。恐るべしパリっ子。

エッフェル搭近辺だったら、Le Champ des Delices。サンドミニク通り、、、エッフェル塔を横撮りで全景が写せるジョゼフプヴァール通りを北西に行くと繋がる道、、、にあります。日曜日も営業しており、できたてのパンを頬張るために並ぶパリっ子たちが沢山います。エッフェル搭の公園でのんびりするのであれば、是非オススメします。

 

今日のBGM Olivia Ruiz「La Femme Chocolat」