読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

そうだ、競馬場へ行こう

お題「好きな街」

お題「カメラ」

f:id:ventottoprimavera:20160430164040j:plain

 Canon EOS 70D  f9.0  29mm 1/500s ISO100 絞り優先モード

今日の場所

日本はGW、天気が良い日が続いてますね。天気が良い日は外に出たくなります。

今日はサンシーロ競馬場 / Ippodromo di San Siro。サンシーロと言うと、まさにACミラン、インテルミラン両方のホームスタジアムで超有名なサンシーロスタジアム。しかし今回はそっちよりも先にサンシーロ競馬場をご紹介します。

イタリアにも競馬はあります。ローマ / Capannelle、フィレンツェ / Cascene、ナポリ / Agnano。その中で大きい競馬場はここミラノ・サンシーロとローマ・カパンネッレです。 騎手だと、ミルコ・デムーロは日本でも有名ですよね。

ただ、ミルコ・デムーロが昨年からJRAを主戦場としたように、イタリア競馬は非常に衰退しています。イタリア人に聞いても、「え、潰れたんじゃないの?」というくらい知名度は低い。。。

しかも残念な事にイタリア春競馬の最高峰だった、5月末のミラノ大賞典が今年からGⅡに格下げとなったようです。イタリア競馬のGⅠが見られる!と楽しみにしていたのですが。

 

でもやっぱり競馬は紳士のスポーツです。少ないながらも観客の服装はしっかりしてますし、競馬場も非常に綺麗。

また入場料。男性10ユーロ、女性1ユーロ。・・・・・・・え???女性に対しては優しいなんとも紳士なことか。

 

賭け方や詳しい事に関しては、下記リンクを参照にしてください。

イタリアの競馬場 - 公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (JAIRS)

 

尚、競馬場内にはなんと、ゴルフの練習場があります。競馬場入口門とは別の建物に、入り口が有り、入り口で入場料、ボール代金を払ってコース下をくぐってコース内に行けます。いくらだったか記憶は曖昧ですが、ミラノ郊外のゴルフ練習場を考えると少し割高でした。

競馬開催日はどうしているか不明ですが、この広い空間の中でボールを飛ばすというのは、ゴルフをされたことある方なら分かりますが、非常に快感です。

行き方

初めて公共交通機関をご紹介できます(笑)

サンシーロスタジアム・競馬場ともにミラノ地下鉄Linea 5沿線に位置し、最寄りの地下鉄駅San Siro Ippodromo駅は、Linea5終点San Siro Stadium駅の一駅手前となります。そこから北にあるVia Aldobrandiniを北に500メートルほど歩くと、競馬場入口門に着きます。

実はそれまでサンシーロは、バス・トラムで行っても超遠い、ミラノ人悩みの場所でした。しかし昨年2015年4月に新しく地下鉄Linea 5が繋がったため、サンシーロ競馬場も今やアクセスは非常にしやすい場所です。

そういった場所だったので、現在でも周辺には駐車する場所(路駐、駐車場)が大変充実しています。サッカーや競馬が開催されている期間は大概駐車1回10ユーロくらいで、必ずどこか見つかります。競馬しかない昼間は、競馬場入口門前の駐車場も結構空いていますので、ここに駐めるのが一番便利です。