Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

イタリアの古代ギリシア

f:id:ventottoprimavera:20160517051816j:plain

Canon EOS Kiss X6i  f10.0  30mm 1/250s ISO100 全オート

今日の場所

パエストゥム / Paestumです。

ローマ時代と少し違う気がするな、とか、ここイタリアなのかな、とか、考えた人は正解。パエストゥムはローマ帝国以前の、古代ギリシアが栄華を極めていた時期の、古代ギリシアの植民都市です。

ローマ人の侵攻、洪水、マラリア蔓延、アラブ人の侵略で廃墟となったのですが、18世紀の道路工事の際に偶然発見されるという、よくあるイタリア的な発見の仕方。ローマなんて地下掘るとついつい遺跡発見しちゃうから迂闊に地下鉄も通せない、みたいな。

そしてこの遺跡、場所は広くないのですが、やっぱり神殿は巨大なので感動してしまいます。今日同僚とも話してたのですが、2,500年以上も前の、それこそキリストが生まれるなんかより遥か前の建物が、こうやって現代に残って、道路など昔と全く同じ機能として使われているのがすごい、と。遥か古代に思い巡りますね。

行き方 

私は例の如く車で行きましたが、駐車場は比較的あります。路駐もできたはず。特に私が行ったのは6月上旬平日だった事もあり、全くのガラガラ。UNESCO世界遺産なんだけどなぁ。

だからこそオススメしたいのです。ただでさえ紀元前に栄えていたローマ帝国の遺跡ではなく、それより遥か昔の遺跡。観光名所としては単なる草原と遺跡だし、広さも歩けないような巨大な広さではないし、周りはモッツァレッラ・ディ・ブッファラの名産地だし、このパエストゥムこそ手軽で美味しい観光名所はないでしょうか。

また、ナポリで車を借りるといいのは、アマルフィに行くと同様の距離でこのパエストゥムにも行けること。私はポンペイ〜アマルフィと回った後、サレルノ辺りで一泊してからこのパエストゥムに行きました。

今日のBGM

Fleetwood Mac "Don't Stop"

昨日に引き続き明るい曲。