読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

アルプスを思い浮かべて避暑りませう

Switzerland Photo Europe

f:id:ventottoprimavera:20160702053633j:plain

昔、避暑地って気休めだと思ってました。

あーるーぷーすーいちまんじゃーくー♪

こーやーぎーのーうーーえーでー♪

 

暑い・・・
ミラノも毎日暑さを感じてます。

 

また似た様な写真で恐縮ですが、
折角なので、夏を涼しくする写真でも。

写真の人たちは長袖を着ておりますが、8月お盆の季節です。
さすが高山は涼しい!

ゴルナーグラート鉄道終着駅の展望台

マッターホルン、スイス側の麓ツェルマット / Zelmat。
ここからゴルナーグラート鉄道 / Gornergratbahnに乗り、
終着駅のゴルナーグラート / Gornergratまで1時間。
そこからたまたま巡り合った友人達と登山用品もなく思いつきで徒歩下山。
ツェルマットの町に戻るまで4時間、その旅の始まりをカッコよく撮れました。

 

ちなみにツェルマットはマッターホルンのスイス側。
イタリアと国境を接していますが、使われるのはドイツ語。
コモから入るティチーノ州なんかは、そのままイタリア語が使えるのですが、
不思議ですよね、同じ国境線を挟むのに何故こうも違うのか。
スイスを始め、多主要言語で成り立っている国は不思議です。
イタリアも旧オーストリア領の南チロルで、ドイツ語が公用語化されています。

 

そういえば、昨冬、イタリア側から入ってスキーをしに行きましたが、
その時に一緒に行った友人男女が道に迷い、
日も落ちていないにも関わらずホテルのあるイタリア側へ帰れなくなりました。

 

タクシーでアルプスを迂回すると800ユーロかかると言われ、
結局ツェルマットで同じ部屋に1泊。。。
恋人同士ではなかったのですが、果たしてその一晩で何があったのか。

 

とにかく、帰り道の時間は必ず確認して動いてくださいね。

今日のBGM

くるり "ワンダーフォーゲル"

高校時代から大学時代にヘビーローテで聴いていた曲です。
登山の爽やかさを味わっていただけると。