読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

雨宿りの羊たち

United Kingdom Photo

f:id:ventottoprimavera:20160906042051j:plain

今朝の日本のニュース

「今朝ニュースで観たけど、日本政府も英国にすごい事をやったじゃないか。」
「え??何を???」
そんな会話から始まりました、今週の仕事。

jp.sputniknews.com

www.independent.co.uk

「え、そんなことあったの?」と驚いて、
すぐに日本語でGoogleニュース検索をかけましたが、ヒットせず。
英語で検索すると、出るわ出るわ。

イタリア人同僚からすると、
「日本までそういう事を言い始めたのか(驚愕)」と関心が高い様子。

あまり政治的な話をしたくはないのですが、
個人的にも、しっかり言うべき事は言ったな、と評価したいです。

あとは、英国が緩やかに経済混乱を元に戻すよう動いて欲しいのですが。
さてはて、世界はどう動くのでしょうか。

今日の一枚 / 雨に啼く羊たち

イングランドの最北部、ハドリアヌス帝の長城で撮影した羊たちです。
生憎、雨に見舞われましたが、雨宿りをしていると可愛い先約者たちが。
私に警戒しつつも、ざぁざぁ降る雨に歌うように啼いていました。

ハドリアヌス帝の長城は、ローマ帝国時代の遺跡。
ローマ帝国が2世紀から5世紀にわたり、イングランドを占領していた、
最北端の国境線で、スコットランド人の襲撃に備えて建設されました。
その長さ、117km!!

色々な日本人と話しますが、今のイタリア人を見ていると、
とても過去にヨーロッパ全土を統治していたと思えない、愛すべきヘタレ共です。
それは『ヘタリア』という漫画にも登場する主人公・ヴェネチアーノのごとく。

そしてその中に出てくる主人公の祖父・ローマ爺ちゃんは、
こんな遥か遠くの世界に未だに残っている遺跡をも築くあたり、さすが偉大だな、と。

本当に田舎道で、バスも接続が悪いそうです。
道は狭いですが、こういった場所こそ、レンタカーをオススメします。
イングランドの田舎道もたっぷり堪能できる場所ですよ。

今日のBGM

The Beatles "I Should Have Known Better"


The Beatles - I Should Have Known Better -HQ

田舎道を走りながら聴きたい曲の一つです。