読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ふりかけちまえば何でも最高の。幸せだって、そう。

Italy Photo

f:id:ventottoprimavera:20161022073456j:plain

これだけは自慢します、白トリュフ

たかが目玉焼きに何で25ユーロ*1だって、と思うかもしれませんが、
さすが白トリュフ、これさえかけてあれば何だって高級料理です。

 

ようやく今週も終わりました。
こっちの人間はTGIF - Thanks God It's Friday という言葉をよく使いますが、
一周ひねくれすぎてGDOEV - Grazie Dio Oggi E Venerdi なんて単語を、
昔同僚と作っていたのを思い出します。

実は今週末はずっと楽しみにしていました。
土日の片方、日帰りで片道2時間かけてAlbaへ行こうと思っております。
Albaに何があるか、もうお判りでしょう。

白トリュフ祭り、です。

www.fieradeltartufo.org

毎年この時期Albaの町では、白トリュフ農家の展覧会が開催されておりまして、
そこでは一般の人も展覧会に入って、農家の方々からトリュフが買えます。

ただ個人的に我々食品関係の業種というわけではないので、
別に展覧会はそんなに興味ありません。
そんなに大きい会場ではないサーカスのテントみたいな会場、
トリュフばっかり並べられて、その匂いをたっぷり嗅いでもね。

寧ろせっかくのトリュフ、食べないと♪

なので私たちは下記のレストランを予約しています。

Ristorante Le Torri

http://www.ristoranteletorri.it/

Piazza Vittorio Veneto, 10, 12060 Castiglione Falletto CN
昼:12.00 〜 14.00
夜:19.30 〜 21.30
火曜定休

Albaの町よりもさらに南に10km程度行ったところ。
日本人駐在員の間でも結構知られているところです。

でも本当に美味しいんですよ、私は初めて行った時感動して、
その次の月に再度予約してしまったくらい。

ここでオススメは、白トリュフ料理全般。
スターターで写真の通り、目玉焼き白トリュフかけを頼み、
白トリュフかけのパスタをプリモで下を喜ばせ、
そしてセコンドで牛タルタル肉の白トリュフかけ。
最後のセコンドは、私の人生で一番最高に美味しい料理だと思います。
その全ての料理の上に、
レストラン中に広がる白トリュフの鼻腔を膨らませる香りが、
窓から覗くワイン畑広がる丘をまるで天国のように惑わせます。

でも10月と11月のこの芳醇な白トリュフの香りは、
シーズンを越えて12月以降になると殆ど消えてしまいます。
ちなみにメニュー全て一律値下げもするので、その分少しお得になります。

ただ、このレストラン、白トリュフ料理以外も絶品なんです。
何といってもここはイタリアワインの王様Baroloの産地からたった4km。
バローロで煮込んだリゾットも、追加で頼むべき一品です。

こんなレストランに、明日久しぶりに行く予定でおります。

 

イタリアは本日金曜日午後、
いきなり公共交通機関がストライキ始めたため、町中全体が混雑しておりました。
馴れたとはいえ、ある程度ストレスに耐性がないと住めない国です。

そんなイタリアで、唯一、この季節だけは惜しみなく自慢させていただきます。
心の底からお勧めしたいくらい、美味しいですよ。
是非ともイタリアはこの季節、ピエモンテ州に行ってください。

*1:3,000円くらい