Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ウィーンの冬の朝とピッツェリア

お題「冬の朝」

f:id:ventottoprimavera:20170128032542j:plain

今日はウィーンにいました

昨日からの出張でウィーンにいました、もうミラノに戻ったのですが。

冬の朝は好きです。
朝起きて、朝食を取り、支度をして、
ホテルや家の玄関を出て、歩き始めようとするその瞬間。
冷たい空気が頬に触れて、身体の中の暖かさを引き締まるように閉じ込める、
なんだか仕事という戦いに行く気分がすごく高揚します。

今朝は。
ホテルから本社オフィスまで、タクシーでも良いのですが、
ホテル近くの駅からオフィス近くの駅まではたった1駅なので、
ちょびっとだけでも歩きたかったのもあり、電車を選びました。
初めてだったので数本電車を逃してしまいましたが、無事到着。

冬の朝を歩くのはとても気持ち良かったです。
東京にいた頃、朝の通勤は一駅前から歩いていたので、
少しその頃を思い出して、今日の仕事も頑張れました。

ウィーンで美味いピッツァ

そういえば、昨晩はウィーンでとても美味いピッツェリアに行きました。
同僚のイタリア人のオススメで行ったこのお店は、
イタリアにあったとしても繁盛するレベルのピッツァ・ナポレターナでした。
シェーンブルン宮殿のすぐ近くです。

ウィーンで食べるのに、こんな美味くていいのか。
ビックリ。
価格もイタリアの外にしては、安めの価格設定。
同僚イタリア人は、
マルゲリータに8.5ユーロも払うのか、と少し悲しんでますが、*1
いやいや、まずいピッツァに10ユーロ払うより全然マシだよ。
そもそも、イタリアの観光地価格なんて、
イタリアにあるのにイタリアのクオリティじゃない上に、
このピッツェリアの値段よりも高いのもあるわけです。
おい、そこのヴェネツィア!お前だお前。

ただ非常に残念なことに、このお店、
やってるイタリア人がナポレターナでフレンドリーな反面、
ちょろまかすのもやっぱりナポレターナ。
会計を分けて、とお願いしたのに、レシートを分けて持って来ず、
デザートの支払いが入ってなかったので、
それも含めて再度分けて来いと言っても、
結局レシートを分けて持って来ませんでした。
テローネ*2特有の面倒くさがり俺ルール&小銭稼ぎ。
おかげで出張精算ができない。。。

さすがに同僚たちの手前、私は強く言うのを止めましたが、
少し腹は立ちます。
味は本当に美味しいので、お店自体はお勧めしますが、
注文する際は、きつく言うのをお勧めしますよ。

Da Ferdinando
Hietzinger Hauptstraße 26, 1130 Wien, Austria
毎日11時〜23時営業
https://www.daferdinando.at/

入り口の大きさに反して、意外に店の中は広いです。
あと、入り口に現金払いのみって書いてました。


また来週もウィーンにいます。
来週もこのお店連れて行かれるのかなぁ。

*1:イタリアでマルゲリータは大体4〜5ユーロ前後

*2:人種差別の言葉です、すみません