Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

真冬のフィンランド - NBE Finland -

f:id:ventottoprimavera:20170205235204j:plain

NBE Finlandに参加して・・・

今年の1月、NBE Finlandでの一コマ。
一生懸命にソリを引いてくれるトナカイを激写したものです。

NBE Finlandは、フィンランドでのトラベルブロガー&ライターの祭典のようなもの。世界中の旅行好きな人々からは、じわじわとその存在を知られてきているようで、応募者数も激増中、年々激戦になってきているようです。

無事選考通過した後は、ヘルシンキでの旅行イベントの前後にプレツアー、ポストツアーがあり、どちらか、または両方参加することができます。取材旅行なので、参加費はほぼかかりません。むしろ本当に色々と高待遇。例年1月中旬にあるので、その頃に時間の余裕があって、我こそは!という方は是非応募をオススメします。

私は、北フィンランドラップランド地方の玄関口のオウル(Oulu)という街と周辺地域に行くプレツアーに参加しました。オウルでのツアーは、このトナカイ牧場ハスキー犬ファームオーロラツアーと、フィンランドの目玉盛りだくさんでした(オーロラは一晩しか見るチャンスがなかったので、今回はあえなく見られず涙)。ただ、幸い、私が行った頃は、極寒だったらしいお正月頃に比べるとぐっと寒さが緩み、最低でもマイナス3度くらいまでにしかならず、外にいても余裕でした。

2泊3日のプレツアーは、全員初対面の人ばかり。もちろん国籍・出身はバラバラ。
参加するには、それなりの語学力とコミュ力は必須と思われます。若干人見知りである私も内心気後れしましたが、なんとかやってきました!

メンバーは、本当に一期一会というか、もう会うこともないかも知れないけれど、みんな驚くほどの旅マニアでした。生まれた国を遠く離れて暮らしている私達のような人や、バックパック一つで、世界1周に収まらず、何周もしているような旅の途中の人なんかが何人もいました。年齢もおそらく30代がメイン層で、若すぎる学生感覚でもなく。

改めて、「世界には様々な生き方と幸せのかたちがある」と、すごく刺激を受けましたね。ライフワークとしての旅行を考える、良い機会となりました。
そう感じられただけでも、参加して良かったです。

しばらく、フィンランドでのことについてブログ書きますね。