Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

Wedding in Paris - レストラン編 -

お題「もう一度行きたい場所」

f:id:ventottoprimavera:20170707203658j:plain

披露宴会場に決めた”Lasserre"

私達は、EU圏の友人も気軽に週末参加してもらえるよう、挙式を土曜日にセッティングしました。週末は礼拝などの行事があるアメリカンチャーチは、それらが終わる17時から挙式のプログラムを組んでくれました。

(結婚情報誌などでは、アメリカンチャーチは平日日中のみ挙式可能と書いてありましたが、自分達でコンタクトしたら、教会から土曜日もOKとの返事もらいました)

一般的には、結婚式って、朝~ランチタイムが多いですよね。
夏至のころなので、17時でもちょうどお昼間くらいに明るいパリ。ナイトウェディングという雰囲気ではありません。ゲストには挙式当日でも観光したり、ゆっくり準備してもらえたので、この時間帯にして本当に良かったと思います。

当日は、数日前までの熱波が去り、爽やかな初夏晴れの下、式を挙げることができました。

 

そして、その後の披露宴。せっかくの晩餐会なので、本場フレンチの完璧なフルコースディナーをゲストに楽しんでいただきたい!ということで選んだのは、グランパレ隣にある、ミシュラン常連の老舗フレンチ「ラセール」

 

Restaurant Lasserre
HP: https://www.restaurant-lasserre.com/en/
Address: 17 Avenue Franklin Roosevelt 75008 Paris

TEL: Phone : +33 (0)1 43 59 02 13
営業: 昼12:00〜(木・金)/ 夜 19:00〜(火〜土曜)
休日: 日曜日、月曜日

オススメ度:☆☆☆☆☆(全て値段以上の感動があります。)
店の雰囲気:☆☆☆☆
予算:合計200〜300ユーロ
  (男女で行くと、男性用メニューにのみ金額が記載されています。)

 

鳩がトレードマークで、真っ白な一軒家レストランというのが、ウェディングのイメージにぴったり!ということで、教会と同じくこちらも即決しました。

地上階に品の良いプライベートサロンがあるので、そこを借し切ることに決めました。

ラセールは1942年創業の世界的に有名なレストランで、パリの御三家レストランのひとつとも呼ばれているそう。遠方からわざわざ足を運んでいただくゲストにも申し分のない、トップレベルのレストランでした。

ラセールとは、メールと電話でほとんどのやり取りをしましたが、返答もなかなか早く、親切な対応でした。前日の打ち合わせでも、細かいところまで一緒に考えて準備してくれました。(本番は、まぁ思うほど完璧には物事は進まないですが、それも良しとしましょう)

アメリカンチャーチからも、セーヌ川にかかる橋を渡ってすぐというパーフェクトな立地。

しかし、開けてびっくり!
私達の結婚式当日は、パリで2024年夏季オリンピック招致イベントとLGBTパレードが開催された一大イベントデーでした。

パリ中心地にあるアメリカンチャーチとラセールを繋ぐ最寄りの橋も封鎖され、ゲストには遠回りして違う橋を渡ってもらうことに・・・

まさか同日にこんなに大規模なイベントがあるなんてと、申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、私達もお色直し準備があってどうすることもできませんでした・・・。

 

これから海外挙式をする予定の方は、当日の周囲のイベント情報や公共交通機関の状況など事前に調べて置くと良いかも知れませんね。

思い入れのあるレストラン

ラセールにすると決めてから知ったことなのですが・・・

このレストランは、結婚式にも参列してくれた私の伯父が新婚旅行で行った想い出のレストランなのです。

それは、もうかれこれ約40年前、1970年代後半のパリでのお話。

2階にあるレストランスペースは、ラセール名物である開閉式の天井があり、そこで食事をしたそうです。天井が開いた途端、秋のパリの夜の冷たい空気がさーっと降りてきたのが忘れられないのだとか。

披露宴のスピーチで、当時のことを伯父が感慨深げに話してくれて、私達も万感の思いでした。

記念日に行きたいレストラン

今回、結婚式を終えて、パリを去る最後の夜に、ふたりでもう一度ラセールにディナーに行きました。

伯父がスピーチで話してくれた通り、2階は天井が開いてパリの空が現れ、生演奏のピアノが流れ、とてもクラシカルで素敵な雰囲気でした。

パリは星の数ほど美味しいレストランがありますが、私達にとっても大切な想い出の場所となりました。

また結婚記念日が来たら訪れたいね、と話しています。

 

ラセールのお料理の詳細は、第2ブログ"Due per la cucina"のほうに書きたいと思います♪

ventottoprimavera-travelinfo.hatenablog.com