Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ゴミ箱の話

f:id:ventottoprimavera:20170813063309j:plain

ゴミ箱の話

欧州に来られる方であればご存知かと思うんですが、
こっちの道は、日本に比べてゴミが結構落ちてます。
特に路上喫煙が禁じられているわけではないので、
実は喫煙者は平気でタバコを捨てています。
なのでゴミを道にポイと捨てる輩も、結構います。
そういったところが、あまりヨーロッパの好きじゃないところです。
それなのに家は土足とか、我々日本人にしてみたら気が狂ってるレベルで、
非常に理解に苦しみます。

日本は道が綺麗で、久しぶりに帰る度に感動します。
日本の好きなところで、日本人で良かったと思います。
ただその分、街中にゴミ箱がなくて、
移動する最中などにゴミが出ると(例えば絆創膏を急に使ったり等)非常に困ります。
あれ、ないのって、心無い人が生活ゴミを入れるんですよね?
でも、ゴミ箱くらい少しは置いて欲しいなぁ、と思う事は多々あります。

 

ヨーロッパは汚いのに反して、ゴミ箱が町の中に非常に多い。
町の通り、ありとあらゆる角にゴミ箱。
生活ゴミも結構捨てられているけれど、そんなの御構い無し。

ん?イタリアだけなのかな?
でも、そういった緩さが良いところですよね。
寧ろ、ゴミ箱の形が小さくて、大きいものはハナから入りません。
町を綺麗にするのは町の役目。
毎週結構な頻度で町の中心地の道路は、朝、掃除車が走っていますし、
ゴミ箱もしっかり回収しています。

あとは人々の民度というか、、、徳が高くなれば、尚更良いのですが。
中庸って難しいですね。