Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

クレタのビーチ筆頭バロス・ラグーン

f:id:ventottoprimavera:20170827081558j:plain

軽いハイキングの後の目を瞠る風景

今回、クレタ島にも行ってました。

クレタ島、なんといっても安い!
ヨーロッパの観光地かとビックリするくらい、ご飯やホテルが安いです。
あまり日本の方にも知られていないんだと思います。
全くといって良いほど日本の方に出会いませんでした。

その代わり、イタリア人が多い。。。
日頃の疲れを癒しに来たはずなのに、来たところはイタリア語ばかり聞こえて、
なんだか普段とあまり変わらないようでした。

 

閑話休題
クレタ島ですが、個人的に2つの見所を楽しみにしていました。

一つは有名どころ、クノッソス宮殿
ギリシア神話のミノタウルスのラビリンスで有名なこの宮殿、
実際はその神話が出来るよりも遥か昔、
紀元前1800〜1300年頃に栄えたミノア文明の宮殿。
滅亡後に宮殿跡地を見たギリシア人達が後付けで神話を作ったそうです。
世界史では、アーサー・エヴァンスが発見・発掘した事で有名。
これはまた後日ご紹介という事で。

 

実はもう一つは、クレタ島にあるビーチでした。
行ったのはイラフォニシ / Irafonissi と このバロス / Balos。
このクレタ島、実はTripadvisorや、他の旅行サイトの中で、
ギリシャ第1位、第2位を獲得するくらい、綺麗なビーチを持っています。
どこのサイト見ても、5位以内には確実に入ります。
紅の豚で有名なザキントス島のビーチよりも、概ね評価が高い。)

これは(写真撮りに)行ってみたい、と思い、駆けつけた次第。

 

 

・・・中々ハードな行程でした。

特にこのバロス・ビーチ / Balos Beach。
バロス・ラグーン / Balos Lagoonという名前もあるように、
ラグーン(潟)地形で、すぐ傍に居住地はありません。。。
レンタカーで途中から未舗装の道を時速30kmで砂埃上げながら、走る事20分。
駐車場に駐めた後、徒歩で下る事15分。
いやー、気軽に重い荷物なんか持って来ちゃって、大変でした。

さらに大変だったのは、晴れにも関わらず、強風だった事。
舞い上がった砂がビシバシ当たって痛いのなんの。
折角持って来た砂浜用テントとか、張ることすら許されない笑
天候は前以って確認してから、日程を決めて行った方が良いですね。

 

でも写真としては、素晴らしい写真が撮れました。
あと、透明感抜群の海を泳げたのも素敵な思い出です。
また後々アップしていきます。

ちなみに
我々は朝10時くらいに到着して、昼過ぎにはいそいそと脱出したのですが、
昼くらいになると、駐車場にすら駐められず、
未舗装の道に道すがら駐めて歩くことになります。
いやぁ、朝が遅いイタリア人だらけで良かった笑