Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

夕暮れのクレタと海と女の子

今週のお題はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」

f:id:ventottoprimavera:20170829043926j:plain

あーあ、夏が終わっちゃった。

女の子とありますが、妻です。
年齢詐称ですみません、と謝ると妻に怒られるので、謝らないでおきます。
あっちもこっちも立てられないんです、旦那というのは。

 

我々の夏休みハネムーン、クレタ島ではキサモスにホテルを取って、
そこを基点に、バロス、エラフォニシの両ビーチまで車で行ったのですが、
宿泊した最後の日没後に気付いてしまったのです、
ホテル隣接のビーチに入っていなかった!って。

水着を次の朝まで乾かさなければいけないので、
とりあえずは膝下まで、じゃぶじゃぶじゃぶじゃぶ、と進む。
日没後の、泳ぐ人がどんどん去っていく海って、寂しいですね。
僕らの今年の夏の終わりだと思いました。

 

ちなみに、この写真の後*1、今まで使っていたCanon 70Dが、
何故か純正のレンズを認識しなくなり、イカれ始めました。
発売直後に買って、4年近く飛び回るように使ってたんで、
仕方がないのですが、いやはや、しかし悲しい。

イタリアには、
新婚さんはハネムーン休暇として一律14日間(2週間)取れるなんていう、
強きを援け弱きを挫くイタリアにしてはめずらしく素敵な法律がありまして、
さんざんイタリアという国、国民、文化に振り回されてきた我々にも、
たまにはいい事あるじゃん、と思っていたのですが。
結局はイタリアの呪いなんじゃないか、と勝手になすりつけておきます。

 

ちなみに、どれくらい使い込んだら、カメラって故障しだすんでしょうか?

今日のBGM 

Mr.Children 「君がいた夏

君がいた夏

君がいた夏

ド定番で申し訳ないですが、ミスチルのファーストシングルを。
夏が終わるとこの曲をただただ聴くっていうのは、
もう高校生の頃から変わっていないですね。
変わったのは、夏が過ぎても「君がいる」ってところでしょうか。
お後がよろしいようで。

 

ちなみに夏が終わった私は、休暇最後の日を移動日にあてて、
早速もう出張に入っています、そんなストックホルム
35℃の世界から、18℃の世界へこんにちは。
昨日は晴れたんですが、久しぶりに雨を見ましたよ。
雨って寒いじゃん!

*1:正確にはこの夕暮れの撮影以降