Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

何年か前の思い出

f:id:ventottoprimavera:20171031035950j:plain

f:id:ventottoprimavera:20171031040455j:plain

何年か前の今頃は

イタリアに来て早◯年、実は一時期だけ日本で生活しており、
当時付き合っていた彼女(今の妻)とは遠距離だったわけです。

ある夜、電話越しで些細な喧嘩をしまして、
気晴らしに三脚を持って、スカイツリーを撮影しに行ったんですが、
撮影して落ち着いた後、彼女にご機嫌取りで撮影した写真を送ったんです。
ペンライトで文字なんて書いたりして。

・・・まぁ、何一つ伝わらなかったんですけどね。
その後、頭を地面にめり込ませるように謝りました。

 

あの時期は忙しかったです、そして不安ばかりの毎日でした。
自分の所在が落ち着かなかったし、
将来が見えているようで全く分からない方向に転がってましたし。
あれから早X年、今があることに感謝しますが、
同時にあの時あの場所がもう戻らないのを寂しくも思います。

スカイツリーとか、日本の観光地とか、もっとゆっくり撮影したいなぁ。

カタルーニャ情勢

ひとまずは情勢について、安心でしょうか。

ただスペイン政府は前首相を国家反逆容疑で捜査と息巻いているし、
どうしてこうも血気盛んな対応するんでしょうか。

独立というのがあまり賢い選択とは思えませんが、
こんな対応だと問題を先送りにしているのかな、と思います。

確かに初めから断固許すまじという姿勢を見せておいて、
素早く掌握するように動けた結果が、この平和的解決をリード出来たんですが、
亡命までした人間をわざわざ訴追したって、これ以上何もならない気が。

 

イタリアの話と一緒で、何がこの問題へと起因したのか、
またその原因をどう対処するか、をもっと考えるべきです。
所詮、政治家は政治家ですよね。
それもこれも、ヨーロッパ諸国が平和で先進的だから出来ることですよ。
日本が将来的にもこんな分裂をしないことを祈るばかりです。