Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

港町の夕暮れ

お題「もう一度行きたい場所」

f:id:ventottoprimavera:20180225225336j:plain

ここは何処でしょう?

港に観覧車、海岸沿いの遊歩道…
私は横浜や神戸の港町の空気を少し思い出しました。

ここは、スペインの港町マラガです。
日本での知名度はあまり高くないように思いますが、ピカソの出生地で、ピカソ美術館が有名。地中海沿いの明るい街ですが、港町特有の、国籍不詳の妖しさもちょっとあって魅力的です。

私は特にこの遊歩道のモダンで平和的な雰囲気が気に入りました。
空気が澄んだ日は、対岸のモロッコまで見えるそうです。

実は我々にとっても、近くて遠い国モロッコはまだ未踏の地。
チャンスはあったんですが、なかなか実現に至らずです。

いつかベストシーズンといわれる冬場、サハラ砂漠で新年の御来光を仰いでみたいものです。

 

そういえば、前にツイッターか何かで、欧州に永住予定の日本人向けの老人ホームをヨーロッパの何処からもアクセスが良くて、気候が温暖なマラガに造ったらどうかと書いている人がいました。

ニューヨークには確かにそういう日本人向け老人ホームがありました(入居されている方が、食事にご飯とお味噌汁が出ると仰ってたような)。

日本人は老後は日本で暮らしたいと考えている人が多いように思いますが、海外で生きる日本人は何やかんやで増加の一途だと思うので、実際、そういう需要は出てくるかも知れませんね。

スペインでの定宿

スペインに旅行するときは、いつもパラドールに泊まることにしています。

スペイン好きならよくご存知かと思いますが、スペインの国営(半官半民)ホテルです。

我々が好きな、歴史ある古城や修道院をすごく現代風にオシャレに仕上げていて、一等地の見晴らしが良いところが多く、一泊朝晩2食付きのプランが一般的で、なのに何処もそれほど高くもなく、スペインで泊まるならコスパ・満足度共に最高レベルだと思っています。

スペインに行く度に新しいパラドールとの出合いがありますが、なんと国内に90以上もあるらしいので、制覇するのはなかなか大変そうです。

一番有名で、なかなか予約が取れないのは、グラナダアルハンブラ宮殿にあるパラドールでしょうか。ここに泊まりたい場合はかなり前からの予約をお勧めします。

マラガにも2つあって、気に入ったのが「パラドール マラガ ヒブラルファロ」。マラガ中心地のヒブラルファロ山(灯台という意味があるそう)山頂にあって、本当に見事な眺めでした。

今まで行って特に良かったパラドールの詳しい内容は下記にまとめてあるので、ご興味ある方はぜひ。

www.travel.co.jp

www.travel.co.jp

www.travel.co.jp