Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ローマのもう一度行きたいレストラン

お題「もう一度行きたい場所」

f:id:ventottoprimavera:20180219082251j:plain

2017年の「もう一度行きたいレストラン」暫定1位!

昨年だけでも、我々の中でもう一度行きたいレストランが結構ひしめいてますが、
ここを訪れたのは12月30日という年の瀬。
 
Hostaria dell'Orso
VIA DEI SOLDATI 25/C, 00186 ROMA
 

最後の最後にガツンと記憶に残る、素晴らしいレストランでした。

その日、私達はItaloに乗ってローマに到着したばかり。
在住の友人にオススメされていたお店に行ったのですが、予約せずに行ったので、満席であえなく撃沈。
仕方ないので、テヴェレ川沿いをブラブラ歩きながら、夫御用達・ミシュランアプリでふと見つけたレストランです。
場所はウンベルト1世橋のすぐ近く。

 
クリスマスから年末年始シーズンというのもありますが、もう、見た目からしfancy!です。元貴族の館らしく、内装も重厚で、記念日ディナーやデートにも持ってこいの雰囲気。バーやディスコテカ(クラブ)も併設されています。
もし、私がローマ在住なら、訪ねてきてくれた友人知人を必ずお連れするだろうと思います。味が良くてかつ雰囲気込みのレストランは、あるようでそうないですからね〜。
 
お料理はイタリアンですが、いわゆる「何を食べても美味しい!」というイタリアあるあるな至福なやつで、きのこのパスタやお肉のタリアータの味が忘れられません。
そのうちレストランブログにも詳細載せられたらいいなと思います。
 
その晩はわりと空いていて、予約せずとも、一番良いと思われる窓辺の席に案内してもらえました。隣がパリから来たカップルで、日本大好きらしく、色々話かけてくれました。私達と同じようにローマでの年越しを楽しみにやって来たそうです。近年の日本ブームのせいか、ざっくばらんに話しかけられることが以前よりあります。
 
大晦日はやはり和食が食べたいという我々の願望で、ローマ老舗日本食濱清の年越しディナーに行って、勿論良かったですが、テヴェレ川ビューのここで年越しというのも粋で良かったかも。
 

永遠の都の夜

食後は、川沿いをまた散歩して、サンタンジェロ城を通り過ぎ、最終的にはヴァチカン市国の方まで歩いて行きました。

ローマ在住の方々には、ミラノの方が洒落ている、ローマなんて下町だ、といったことを日頃から散々言われます。生粋のローマ人には、北イタリアへの対抗意識を持っている人も結構います。が、しかし、サン・ピエトロ大聖堂のライトアップとオレンジ色の街灯が幾重にも重なって川面に揺らめく様は、パリのセーヌ川沿いにも負けず劣らずの壮麗さ。ローマの魅力の底力を感じました。やはり、ローマは都なのです。
 
それにしても、人にオススメされたレストラン以上に、偶然見つけたレストランの方がより鮮やかに記憶に残るような気がするのは、気のせいでしょうか。。
 
一応、レストランのサイト載せておきますね(音楽が流れるので注意)。