Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ユーロヴィジョン2018はイスラエル優勝という幕切れでした

f:id:ventottoprimavera:20180514062038j:plain

お題「思い出の一枚」

今日の写真はエルサレムです

そういえば、エルサレムに行った事あったと思い出しました。
早3年半経ちましたが、あんなに冒険感に満ちた観光都市は初めてでした。

写真はDominus Flevit、日本語だと「主の涙の教会」と訳されていますが、
外観のドーム状はまるで涙のよう。
エルサレムの街中ではなく、でも街が一望できる近くのオリーブ山にあります。
エルサレムの街を見渡せる場所で、
昔、イエスがここからエルサレムを眺め、その滅亡を予言し涙したとされたそうです。

Dominus Flevit Church - Wikipedia

この近くにも沢山の史跡や教会があって、
エスが昇天した昇天教会だとか、
エスが弟子に請われて主の祈りを教えた主の祈りの教会だとか、
エスが捕まったゲッセマネの園だとか、マリアの墓の教会だとか、
さっと書いただけでも、信者でないような私でも、
へぇと感心する場所でした。

昨夜はEUROVISION FINALでした

ユーロビジョンとは、毎年この季節に行われるEUの国別対抗歌合戦です。
日本の紅白歌合戦のもっと規模の大きなバージョン。
今年はポルトガル開催、昨夜は決勝で、26ヶ国が参加していました。

感心するのが、youtubeで全面LIVE配信な上、
EU中心に述べ43に渡る国の視聴者がスマホアプリで気に入った歌手に即投票。

テレビを持っていない私達も、最後の投票までして楽しめました。
これは日本の放送局じゃなかなか実現できないでしょうが、
紅白もこういうやり方すれば、宣伝になるんじゃないかなぁ。

数日間に渡る激戦の末、優勝を掴んだのはイスラエル
来年のユーロビジョンはイスラエルで開催されることとなるそうです。

ちなみに、出場国の過半数、いや8割方が英語での曲引っさげての出場でした、
そしてアーティストもみんな英語堪能。
グローバルな勢いってこんなとこにも感じられて面白いです。

今日のBGM

優勝曲である、イスラエルのNettaというアーティストのTOYという曲。
正直、私達には響かなかったですが、殆どの国の投票で大きな支持を得ていました。
サイケな着物風衣装に大量の招き猫を配置したステージで、日本人から見るとかなりシュールなパフォーマンスでした笑。


Netta - TOY - Israel - Official Music Video - Eurovision 2018