Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

表現の自由という名のマスコミの暴力

今日は初めて写真をつけません

日大アメフト部の悪質タックル問題が話題になっていますね。
私も、日本の体育会系の不自由さとその異質な変わらなさは、
日本社会に根付く悪の土壌だと思っているので、結構関心があります。
問題提起は非常に大事だと思う。

ただ、You Tubeでアップされている謝罪会見やニュースを見ると、
最近逆にこう思うんですよ。
「もういいんじゃないか」って。
特に日大広報部を攻撃している様を見ていると、
確かに選手の会見と監督・コーチの会見に食い違いがあり、
納得いかないのは分からないのでもないですが、
その事にマスコミ各社がこぞったように監督・コーチを悪にしている。

そんなにあの内田前監督・井上元コーチは悪の権化でしょうか。
彼らがしたことは、未来永劫反省し変わる事のないものなのでしょうか。
そういう訳ではないでしょう。

ましてや、日大広報部のおじいちゃん。
あの内田前監督や井上元コーチとどんな関係にあるのか分かりませんが、
私があのおじいちゃんだとしても、同じような質問だらけのマスコミに対し、
これ以上非難を受けるのは可哀想だと会見を切り上げたでしょう。
それくらい、監督・コーチを悪に仕立て上げる事ばかりを聞いている。

それで切り上げようとすると今度は自分たちの
挙句にはニュースでは日大広報部の酷い扱いばかりクローズアップしている。
しかも自分たちに対して酷い事を言ったシーンしか取り上げない。

マスコミがいかに表現の自由を、自分たちの暴力の武器にしているか。

このニュースを見た時、正直身の毛がよだちました。
マスコミは何でも聞いても良いのか。何でも攻撃しても良いのか。

なんかね、いつぞやかクレイジージャーニーでやってたペルーの話で、
私刑(リンチ)の文化がまだ根付いているっていうので、
観覧者が絶句するというのがあったんですが、
マスコミのやってる事って公開リンチですよ、何が違うの?
ペルーの文化は絶句して、遅れてるとか考える訳なのに、
我々のやってることはそれと変わらないですよね。

現代社会では私刑の代わりに司法=裁判所が存在しています。
裁判所では黙秘権とかありますし、被告人にだって必ず弁護人が立てられます。
私たちはついつい水戸黄門や色んな時代劇然り、
物事を正義と悪の二極化で考えがちですが、世の中そんな簡単だったらどんなに楽か。
そんな簡単じゃないから、司法が可能な限り平等たるんでしょう。

事実を事実として放映するのがマスコミの自由なのであって、
その事実にマスコミ独自の主観を塗り固めるのは、表現の自由という名の暴力である。
正直法律ででも禁止すべきだと思う、第三機関とか設けて、
もしくは裁判所だのが判断して、一時的な停止措置命令を出すとか。
まぁ主観というのはどうにも少しは入るわけだから、線引き難しいですけどね。

 

寧ろマスコミにやって欲しいことは、追求なんかよりも、
これからこんな事が起きないように社会はどう動いているのか、
そういった将来に繋がる事を放映して欲しい。
この事件をきっかけに、こんなのが作られようとしてますぜ、とか、
指導者のみなさん、また選手の皆さん、これからはこんな機関がありますよ、とか。

罪を憎んで人を憎まず。
報道されるニュースに対しては、そう願います。

また我々、ニュースの視聴者は、情報リテラシーを磨くことが大事ですね。

お題「どうしても言いたい!」