Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

五里霧中を進む

f:id:ventottoprimavera:20180130052128j:plain

お題「ひとりの時間の過ごし方」

秋、到来!

 暑い暑いと言っていたのも束の間、一気に秋となりました。

イタリアが最も輝くのは、個人的には絶対に秋です。

空は高いし空気は澄んでるし、道ゆく人のオシャレも素敵だし、紅葉もロマンチックだし、ポルチーニもトリュフもワインも、食べ物すべてが素晴らしい!!

太陽の国とも呼ばれるので、イメージするシーズンは夏ではあるけれど、なんせ暑過ぎる。同じ暑過ぎるのなら、太陽の国の称号はスペインに譲りたいと思います。

(彼の地はアフリカ大陸を彷彿とさせるような風景も多く、もっと暑いです)

新しい挑戦の日々 

さて、今晩は寝かしつけも早く終えて、夫も会食で留守。

そんな夜のひとりの時間の過ごし方は、こうしてブログを書いたりする他は、結構、日々の調べ物が欠かせなかったりします。

日本人夫婦で、ノンネイティブの私達ではありますが、今まで夫婦だけでの生活は、イタリア現地企業勤務でもないので、英語と半端なイタリア語を駆使して、わりと何とかこなせてきました。不動産関係、税金関係などはどっぷりイタリアですけどね。

しかし、子供のこととなると、そうも言ってられません。

妊娠出産に始まり、最も厄介そうな分野、教育について足を突っ込まなければならないことになりました。。

今は、子供の予防接種・健診・総合病院での検査に始まり、ミルクや離乳食、役所へのあらゆる申請、近所のAsilo Nido(保育園)やScuola Materna(幼稚園)探し、習い事などなど、枚挙にいとまがないです。

イタリアという国の煩雑さもあり、これで良いのかな?本当にこれで合ってるのかな?と、いつもいつも五里霧中で進んでいるような感じ。

初めての子育ても相まって、毎日へこたれたり、憔悴したり。

でも、時々、パッと目の前が明るくなるような面白いことや、新しいことを知った喜びなんかにも、出会えるんですよねぇ。

今日の写真はそんな気持ちを表して、選んでみました。

 

ちなみに、撮影地は、このお城です。ここも秋行くの良さそう。

www.travel.co.jp

 

italia.hatenadiary.com