Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

旅行中は気をつけて

お題「カメラ」

f:id:ventottoprimavera:20191208093332j:plain

Milano centro

今年に入ってから、スリがとても増えているようです

日本領事館からも注意のメールが来たくらいです。

2月3月は、学生さんの卒業旅行など、イタリアに来る人が多いと思います。
せっかくの楽しみな旅行も、いざ起こってしまうとあっという間に悲劇に変わります。

イタリアはスリの多いイメージをもともと持たれていると思いますが、
ヨーロッパの都市部は全体的に気をつけたほうが良いと思います。
(逆に、日本よりも安全そうな地方や郊外もありますが、旅行中はそう行く機会もないでしょう)

我々は、イタリアでは車上荒らしくらいしか経験ありませんが、
デンマークコペンハーゲンでバッグごとスリに遭った苦い経験があります。。
(一部の私物は捨てられていて、親切なデンマーク人が郵送してくれましたが、大半は失いました)

あっ、後はスペイン・バルセロナでクレジットカードのスキミングにも、、
(こちらはカード会社の補償で全額返ってきました)

今思い出しても苦い気持ちになるので、なるべく同じ思いをして欲しくない!!

ということで、私達が普段やっている対策としては。

お財布

私はいつもお財布は2つ(IDなどの貴重品を入れた中型財布、小額紙幣・カードを1枚だけ入れた小型財布)持っていて、近所だったら小さい方しか持ち歩きません。

夫に至っては、生活のほぼ全てをキャッシュレス化しています。
なので、財布は薄っぺらなカード入れのみ。
キャッシュレスの方が履歴に全部残るし、補償もあるので良いですね。
現金その場限り(涙)

バッグ

バッグはジッパーがあればどんなものでも良いと思いますが、ジッパー部分にさり気なく手をかけていれば、まず狙われる危険性が激減します。
旅行客でも、自国に危険が多い国からの人達は、自然にそうしている人が多いです。

雰囲気

でも、やっぱり、一番大事なのは、醸し出す「雰囲気」。

堂々と歩いていると、地元民のように思われやすいのか、まず狙われることがなくなります。
ただ、旅行中だとグループでいることが多いし、おしゃべりに夢中になってしまうのもすごくわかるので、出来るだけ気を取られ過ぎないようにすると良いです。

 

ヨーロッパ旅行は楽しそうな反面、怖いイメージを持たれがちかも知れませんが、普段は何の問題もなく過ごせているので、安心してください。

少しでも気をつけていれば、ほとんどのトラブルは防げます。

Buon viaggio!!