Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

写真も文も、ちょっとやりすぎちゃったなぁ・・・

f:id:ventottoprimavera:20200830043349j:plain

今日は涼しかった

GlovoのCMを務めております(ウソです)

今日はお昼にTENOHA MILANO、その後ミラノ中心部に行ってきました。
TENOHAの代官山は、予定通り昨年で閉業したそうですね。
ミラノではそんな予定はないと思いますが、
今、ここが閉業すると、非常に困ります。
正直、ミラノの日本食では今一番ここがオススメなので。

www.travel.co.jp

今日は曇り時々大雨、でも日差しも見えるそんな1日でした。
ここ一月ほどは日本みたいに蒸し蒸ししていたミラノですが、
今日から本当にカラッとしていて、さらに雨が涼しさを運んでくれました。

写真はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世通りからドゥオモを眺めて。
ちょうど雨が上がって、雲と晴れ間に夕陽が差した時に、
Glovoのにいちゃんが目の前で立ち止まったので。

たまに日本に住んでいた時期を懐かしがりますが、
夏の涼しさだけは、これだからヨーロッパ生活が止められない。
真剣に、日本以外に住む選択肢もありですよ、皆様。

今週のお題「読書感想文」

読書感想文には私、二つ思い出があります。

一つは、夏休みの宿題を、夏休みが終わってから終わらせるクズな人間で、
その中でも読書感想文は気が乗らないと、いつまで経っても終わらせられなくて。
11月頃に先生から母親へチクられるまでかなり放置しておりました。

いや、本を読まない訳ではなく、寧ろ本は沢山読む方だったんですよ?

なのでもう一つの思い出はその真逆。
その翌年の夏休みの宿題は、自由課題だったかがありまして、
親友と交換条件で、彼が私の自由課題をやってくれる代わりに、
私が彼の読書感想文をやるという契約を結びました。

文章って気が乗ると、すごく筆が進むじゃないですか。
私の読書感想文以上に、親友用の読書感想文の筆が進んでしまって・・・
その感想文が、市だったかの表彰に選ばれてしまったのです。

周りにはバレませんでしたが、親友にはすごく怒られました。
「読んだ時から俺が書きそうにない出だしでイヤな予感がしてたんだよ・・・」

まぁもう20年以上前の話、ふと思い出した、雨上がりの一日。