Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ヨーロッパ、第二波来たる

お題「ささやかな幸せ」

f:id:ventottoprimavera:20200426073306j:plain

パリ・オペラ座 シャガール画の天井

やはり、と言うべきか。。。

第二波がやってきました。
スペインやイギリスの再感染激増、フランスの夜間外出規制などは、
日本でもすでにニュースになっているようですが。
イタリアはどうなのか?というと、上記の国々ほどではないですが、
じわじわと増えてきていて、不穏な感じです。
夏場は驚くほどに抑えられていたので、ちょっぴり残念。

伊新聞大手CORRIERE DELLA SERAによると、
寒くなると増えてくるのは織り込み済みだったので、
イタリア医療業界の準備は出来ているそうですが、
欧州第二波が想定していた以上に早いと感じていると書かれていました。

イタリアが今とっている措置は、
外出時のマスク着用義務、飲食店の営業は最大24時まで、
マチュアスポーツ活動や学校の課外活動の禁止、
ホームパーティなどの自粛といった内容。
今のところ外出規制はありません。

我が家の変化としては、息子に週に三度通わせていた保育園は、
ロックダウン明けにすでに退園しました。
良いところだったので私も残念ですが、やはりこの状況下では、
親としてはいつも近くで安心して見ていたい。
来年に3歳になるので、それからの幼稚園入園を考えようと思っています。

今日の一曲


Giacomo Puccini - Quando me'n vo - Piano Version

プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』より、
ソプラノのアリア”Quando men'vo(私が街をあるけば)"(ムゼッタのワルツ)。

このピアノ譜を入手し、最近弾いている曲のひとつです。
未練ある元カレに自分の魅力を振りまくという歌なんですが、
メロディが優雅で美しいので、ピアノ版もとても合っていると思います。

もし、冬場もロックダウンということになれば、
また家で音楽や読書を楽しむ日々になりそうです。
それもまたささやかな幸せということでしょうか。

そういえば、私が初めて観たオペラは中学生の時。
初めて行ったウィーンのオペラ座ででした。
ラ・ボエーム』の華やかな舞台に、心が引き込まれました。

またパリのオペラ座にも早く行きたいものです。

それにしても、この動画、映画のワンシーンなのでしょうか?
おそらくイタリアのどこかのvilla(お屋敷)なのですが、気になります。