Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

今年はミニマムに生きたい

お題「断捨離」

f:id:ventottoprimavera:20210126085235j:plain

昨夜、近所のお宅にお邪魔したんですが、いわゆるミニマリストでした。
本人達に自覚はないかもだけど...衝撃でした。

リビングには、テレビ台とソファ何脚か、ローテーブルのみ。
おむつ換えに寝室を使わせてもらったのですが、ベッドとドレッサーのみ。
クローゼットもないのに、タンスひとつさえ置いてない。

ちなみに、家族四人家庭(うち幼児が二人)!!
小さな子供部屋は玩具が溢れていたけれど、それ以外は妙に整然としてて、
一体どうやって暮らしてるんだ???と不思議に思いながら帰って来ました。

イタリア人家庭はどこも日本の家庭より物が少ないけど、
壁に絵や皿を掛けまくったり(←ランダムだけど何か良く見える)、
棚の上に家族写真のフォトフレームを置きまくったり、
結構そういうこまごました物を好むイメージがあるので、
ここまでミニマルな家庭は初めて見ました。

でも、私も、イタリアに来始めた頃は、
スーツケースひとつでやって来たんだよな、とふと思い出しました。
日本と行ったり来たりしながら、そのうち少しずつ増えていって、
結婚して家族が増えて、ますます物が増えつつあります。
今の家に越して来るときに、家具もかなり揃えたし。
うちは楽器と電化製品が多いので、断捨離しようがないのが悩みどころです。

このステイホーム時代、外で出来ることが少なく、
ついついこまごましたものに楽しみを見出しがち。
身の回りのものをこれ以上増やし続けないようにしたいものです。
言うは易しですけどね〜。

写真は、イタリアの家庭に必ずひとつはあるといわれる、
ビアレッティエスプレッソメーカーです。

無論、うちにもあります。2つ。この時点でミニマリストに程遠い。

最初のはIH対応ではなくて、今の家のキッチンがIHで使えなくなり、
子供のおもちゃとなり、2つ目を買わざるを得なくなったというわけです。

とはいえ、うちで珈琲を好むのは一人だけなんですけどね。

ミルクたっぷりカフェオレくらいしか飲まない私ですが、
珈琲の香りは好きなので、キッチンで残り香を楽しんでます。