Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

イタリアで大型ゴミを捨てるには

お題「捨てられないもの」

f:id:ventottoprimavera:20210316070254j:plain

今日は主にイタリア在住、特にまだ年数の浅い人向けのお役立ち情報です

イタリアで大型ゴミを捨てる時。

大抵の家庭ゴミはアパートメント地下の共有ゴミ箱に入れれば済む話ですが、
家具や電化製品、大型ゴミも色々ありますよね。

知り合いに譲ったり、ebayや日本人掲示板で売ることもできますが、
もう使い物にならなかったり、早く捨てたい時。

Eco Centro(エコ チェントロ)という施設に行くのがおすすめ。

地域ごとにあるので、Google mapで検索したら、
一番近くのエコチェントロが出てくるはず。

うちはいつも車で行くので自分達で全部持っていきますが、
家具など大きすぎるものは、予約すれば自宅まで来てくれるサービスがあるとか。
(まだ試したことないのでわからないですが)

エコチェントロの入り口には、カード挿入機があって、
自分のIDカード(Carta d’Identita)か、保険証(Tessera Sanitaria)を提示することで、
中に入ることが出来ます。

イタリア在住者なら普段からゴミ税を支払っているはずなので、
エコチェントロのゴミ捨ては無料です。

この日曜に行ってきたら、車の長蛇の列でした。
みんなステイホームで断捨離ブームなのかな。

エコチェントロは働いてる人達も親切で、かつ結構面白い。
夫が壊れたスーツケースを捨てようとしたら、

「中身は空にした?奥さん入ってないよね?」

と聞かれ、思わず硬直したら、「冗談冗談!」と笑い飛ばされました(笑)

ちなみに衣類は、状態の悪いものは捨てますが、
まだまだ使えそうなものは寄付ボックスに入れてます。
教会、スーパー、ガソリンスタンドの軒先などにある、
黄色や緑の大きなボックス
あれがそうです。衣類だけでなく靴も入れて大丈夫。

イタリアでは、日本のメルカリのような中古市場は大きくないようで
(ebayはありますが)、中古の服などは寄付する傾向があるように思います。

自分がもう使わなくなったものが、誰かに使ってもらえているかも
知れないと思うとちょっと嬉しいです。
また、教科書や古本は、Libraccio(リブラッチョ)という、
チェーンの本屋さんがあって人気ですよ。