Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ドゥオモと夕暮れ

 お題「ちょっとした贅沢」

f:id:ventottoprimavera:20160313082951j:plain

歩いてくミラノ、ドゥオーモ、夕暮れと交差する人、思い様々

 

きっと世界には、朝ベッドでじゃれ合ってる人や、二日前の焦げたカレーを温めている人、一万キロくらい離れた祖母と電話する人、屋根裏の窓が壊れて凹んでいる人がいて。

100キロくらい南に高速を飛ばす人や、アウトレットで包丁を買う人、次の日の贈り物にチョコレートを選んでいる人も、高速のちょっとした距離でも仮眠を取る人もいる。

モンテナポレオーネで婚約指輪を買う人や、友人の職場にデータを運んで行く人、イケアで買い過ぎて車に入らず途方に暮れている人、美味しい焼肉を頬張る人、女子会で重大事を発表する人もまた然り。

奥さんを迎えに行く人や、食べたいレストランが見つからず空腹のまま彷徨う人、肩がどうにも痛くて辛い人、そして私みたいに一日の終わりにブログを書く人がいる。

 

何気ない一日でも、言葉に羅列すると如何に自分が一日一日を実はしっかり生きていることか、実感します。心の在り方もすべて、自分がどういたいのか、些細なことが影響していると思います。願わくば、良い方向の心で在りたいものです。