読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

欧州自動車旅行のススメ①その移動選択肢に自動車を!

旅の役立ち情報 Europe

f:id:ventottoprimavera:20160828090225j:plain

貴方の旅をもっと濃いものに・・・

旅行記事を読んでいて、海外での運転に抵抗がある方が多い気がします。
〇〇駅から電車で4時間とか、××駅で乗り換えて△△駅方向へとか、
そういう応用性が効きにくい情報を読むたびに、
「折角日本で運転免許を持ってるのに、勿体無い!!」と思ってしまいます。

特に海外旅行は、日本とは違って電車の交通状況が弱い場所が多いのです。
たかが小さな村に行くため、電車乗り継ぎ、バスを乗り継ぎ、30分歩き…
そんな人を横目に、車を運転すれば、ひとっ飛び!
あの快感たるや、ドラクエ序盤では行けなかった町に行ける気分。

うちの妻はそれまで電車の旅のエキスパートでしたが、
車を持ち始めてからというものの、「もう車なしでは行けない」と語ったほど。
車さえあれば、1日に観光地を2〜3個詰め込んでも回れちゃいます。
電車やバスに乗れず、その後の旅券を再度買い直すような最悪の事態はありません。

運転は怖い?

皆さんは日本の自動車学校に通い、卒業されましたよね?
その後、運転免許取得の際、試験場で試験を受けた方もいらっしゃいますよね?

あれは、実はすごい事なのです。
日本人の国民性なのか、無駄だろうときっちり締めるところは締める。
一時停止線からどれだけずれた、なんて細かいところを
自動車学校でガミガミ言ってもらえるのは日本くらいではないでしょうか。
あの自動車学校で学んだ基礎を元に、安全運転を心がけていれば、
まず事故に遭う事はないと思います。
それくらい、皆さんは基礎をきっちり固められています。

 

ちなみに案外知られていませんが、
国際免許証の発行は免許センター・試験場なら即日発行です。
運転試験なんてもちろんありません。
写真撮影も、大体そこに機械があります。
必要なのは、金、とその他書類。。。

でもそれってつまり、皆さんの技量は
わざわざテストしなくても問題ないってことだと思いませんか。

でも確かに少し怖いですよね・・・ 

勿論、日本とは逆のハンドルで、逆側の車線を運転する恐怖も分かります。

でも案外、慣れるもんですよ。
ちなみに私は、渡欧初日で既に仕事で1〜2時間運転しなければならず、
練習もなく、ぶっつけ本番で運転させられました。
それまでの私は東京23区住まい、車すら持っておらず、
たまに運転しても月に1回、社用車を20分くらい運転するくらい。

個人的に怖かったのは、数ヶ月経って慣れたと思ってから、でした。

 

とにかく。

虎穴に入らずんば虎児を得ず!

1日くらいは移動用にと考え、是非とも一念発起される事をオススメします。

以下、記事パート2、パート3と続いてオススメしていきますので
宜しくお願い申し上げます。