Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

生後半年の子どもを12時間のフライトに乗せるお話

f:id:ventottoprimavera:20190121090721j:plain

新生児を飛行機に乗せる

まだ時差ぼけです。
また明日から忙しいのですが。。。

 

さて今回の帰国で、生後半年の息子も日本に連れて行きました。
行った後のスケジュールよりも、何よりもそれが一番の不安でした。
なにせ私自身が耳抜きが下手な身体でして、特に右耳は健康状態次第で全く抜けない、
到着後数日は右耳の聴力が著しく低下します。
しかも今回息子は予防接種を受けた直後!
接種の予定を一週間遅らせてきおったイタリアの保健所を恨むばかりです。

耳が痛くて泣かないかな?
それともバシネットを嫌がらないかな?
あやしてもあやしても泣いて、周りの寝たい人に舌打ちされないかな?とか(笑)

 

でも結論から言うと、何一つ問題がありませんでした。

寧ろ搭乗前から周りの方々に愛想を振りまいて、
到着後も「全く泣かなくて、本当に良い子だね〜」と褒められるくらい。
息子がしっかりしていて、親である我々は本当に感謝です。
また、搭乗前も色々お話いただいた日本人の方々、本当にありがとうございました。

 

さて機内ですが、半年で上下4本も歯が生えた9kg児のウチの息子でも、
何とかバシネットに入るのは、航空業界に務める妻の叔母が調べた通り。
でも重さよりも一番は大きさでしたね、ウチのコ、ギリギリ...

息子は写真の通り、何だこの世界は?みたいな顔して楽しんでました。
でも時々寝返りを打とうとしても打てない気持ちになっていましたね。

睡眠はと言うと、ミラノー成田の直行便12時間中、2時間くらいの睡眠を複数回。
バシネットにすっぽりハマって寝ている様は、可愛いったらありゃしない。
きっと妻が携帯で沢山写真を撮っている事でしょう。
抱っこしても眠たそうにしているので、抱っこしながらも寝ました。
それでも泣き喚きもせず...頑張ったね、息子よ。

 

あと、雑記として残しておきたいのが、哺乳瓶用のお湯について。
耳抜きをするためには離陸直後から飲ませ始める*1ので、
席に到着してバシネットを着けてもらう時にお願いしました。

ちなみに、お願いしてもやっぱり時間がかかる上に、かなり熱い状態で来ました。
そりゃ当然、フライトアテンダントの方もお忙しいのです。
特に離陸して以降は絶えず色んなお客様からのご要望に対応していらっしゃいます。
こちらがあらかじめ時間に余裕を持っておいた方が良かったですね。
幸い我々は特に問題なく過ごさせてもらいました。

唯一は降下、着陸の際の飲ませ方が早かった事。
最後の方はミルクが出ないように元に傾けて哺乳口をしゃぶらせていました。

 

もし将来的にお子さまを飛行機に乗せざるをえない方には、もし参考になると。

*1:そうして耳内の気圧を調節させる。