Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

イタリアでチョコミント愛を語る

今週のお題「私の好きなアイス」

f:id:ventottoprimavera:20200426012332j:plain

私はチョコミン党です。

好きなアイスといえば、私はチョコミント。もう幼い頃より大好き。

あの青春そのものの爽やかな色合い(単に合成着色料と思われる)、
口に広がる清涼感たっぷりの味わい、
チョコチップの粒々とした愛らしさ、
コーンとのベストマッチな相性。。。

たまりません!!!!

が、しかし!

夫はチョコミントが大嫌い。一口も食べようとしません。

というか、
チョコミントほど好き嫌いがキッパリ分かれる食べ物、無いのではないでしょうか?

私の友人知人でも、チョコミン党員はとことん好きでそればっかり、
でも嫌いな人は絶対に、頑なに、食べようとしません。
むしろ何も悪いことをしていないチョコミン党を攻撃してきます。何故?

私なぞ、夏にアイスクリームが食べたいとふらっと店先に行っても、
ミント味が売ってないのを確認するやいなや買うのをやめるレベルでチョコミント一筋。
アイスを食べる上で最大満足度が得られるのが、チョコミントだとわかっているからです。

でも、イタリアといえばジェラート
ジェラテリアにチョコミントなんてあるの?と不安に思われるかも知れませんが、
心配いりません、あります。
Menta(メンタ=ミント)と注文してください。

チョコチップが入っていないことがほとんどですが、さすがジェラート
チップの存在がないぶん滑らかで、充分に美味しいです。

イタリアのジェラテリアは店による独自のこだわり製法が多く、
地域のフレッシュなミントを使用している所も多いので、本当に美味しいです。

イタリアのジェラートは日本でいうダブルからの注文が多いんですが、
ダブルでメンタを頼んでしまうくらい、めちゃくちゃ美味しいです。

ただ、秋冬など季節はずれ?感がある時期には置いていないことが多く、
その時は私もFragola(いちご)、Fiori di latte(ミルク)、ヨーグルトあたりで
おとなしく妥協しています。もしくは食べない。

ひとつ注意が必要なのは、メンタは、ジェラート界において大人気の、
ピスタチオとカラーが似ていることです。

ピスタチオは大体のジェラテリアで年中置いてあるため、
一見騙されかけて落胆、購入取り止めすることが多々あります。。
私は逆にピスタチオが苦手なので自ら頼むことは絶対にないですが、
贔屓目でもメンタよりピスタチオの方がファンが断然多そう…。

ただ、最近、チョコミン党は日本でもかなり幅を利かせているようですが、
何でもかんでも合うわけではない、と私は思います。

やっぱりチョコミントは、クリーミーでクールな食べ物に合うもの。
かき氷やシャーベット、飲み物などシャリシャリ系にはマッチしないと思います。

でも、イタリアのジェラートには合いますよ!
ぜひ一度食べてみてください。

最近の朗報は、2歳になった息子にジェラート解禁し、
メンタを喜んで食べてくれたことです。
これには、今後、身近に熱狂的チョコミン党を増やしていけるチャンスだとご満悦。
(夫には罵倒されてますが汗)

写真はパリのマカロン
アイスとマカロンは見た目が可愛いスウィーツ二強ですね〜。

今日のうた

アイスクリームといえばやっぱりコレ。
この絵のアイスクリームもトリプルの一番下、コーンに一番近いところがミント。
コーンに最も合うアイスはミントですから、よくわかってますね〜^^


アイスクリームのうた