Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

キャス・キッドソン・ショック

お題「#おうち時間

f:id:ventottoprimavera:20200411075419j:plain

喧嘩は次の日終戦しました笑

しかし、本日は、キャスロスに陥っております泣。

www.fashionsnap.com

どうも4月の頭には、すでに本国イギリスの方も破産申請していたようです。
もはやコロナの影響だけでなく、元々の経営が良くなかったと言われてますが。

そのニュースを全く知らなかった私。
今季のキャスキッドソンの新柄がどれも可愛いなと思い、
本国のオンラインサイトをチェックして、お気に入りやカートに入れたりして、
おうち時間をご機嫌な気分で過ごしていました。

今後は、イギリスも日本も店舗は全部閉鎖。
イギリスのオンラインショップだけは続けていくという方針のようです。
ほぼ全世界に配送可能らしく、送料は、日本へは20ポンド、イタリアには8ユーロ。
関税等は、別途かかるかも知れません。

www.cathkidston.com

 

個人的に、イギリス発の花柄ブランドといえば、

なんですが、
先月のローラアシュレイに続き、キャスまで立て続けに破産するとは。

こうして、不要不急の必需品ではないけれど、
毎日に楽しみや彩りを与えてくれるような物を販売する企業が、
今後、次々と倒産していくのかも知れないと思うと、本当に暗い気持ちになります。

だって、明るいサイトを見ているだけで、こちらも明るい気持ちになれましたもの。
子供服も、ありそうでない大胆でキュートなデザインばかりでした。
ロンドンに遊びに行った時、本店には行く時間がなかったけど、
お店でいろいろ選んで、裁縫箱など今もずっと使っています。


全くジャンルは違いますが、
BOSEも、コロナ終息後もオンライン販売のみにするとニュースにありましたね。
リアル店舗がどんどんなくなっていく時代に突入していくのかも知れません。

キャスもオンラインは続けるというということで、少し希望が持てました。

今あるバッグや小物も、大切に使っていこうと思います。