読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

エジンバラの二人

Scotland Photo United Kingdom

f:id:ventottoprimavera:20160708071546j:plain

写真のテーマはいつ/どう作るか

皆さんは写真を撮る時、テーマをいつ・どう作っているんでしょうか?

私は、思いつく時の方が殆どで、それは何かの写真を撮っている時に、
この構図にした方が、何かテーマを持った写真になるのかな、と考えます。
そして、その場所に執着して色々な角度や構図を考えて撮影するのですが、
大概最初の一枚が一番良かったりするのです。。。
写真とはそういうものですよねぇ。

 

ただ、それとは別に、こういうテーマで撮りたい、というのも
少なからず持っていたりします。

今日はエジンバラ / Edinburghでの写真、中心地から一本外れた車ばかり通る道路、
老夫婦がバス停で時刻表を確認している写真です。

個人的にずっと持っているテーマは、老夫婦をセットにして、
長年寄り添った愛、、、毛恥ずかしいので「関係性」を表現したいのです。

というのも、老夫婦のそれまでの過程は、年輪に相当するのかな、と。
そしてその木目というのに、私は魅入られてしまうのです。
また、歳を経て、子どもたちが巣立って家族が二人に戻った後も、
その仲睦まじい関係性を構築している姿は、
どこかしら繊細な美しさはないでしょうか。
その将来像に、私が単に憧れているのもありますけどね。

 

勿論、似たような写真は幾らでもあるのですが。
でも、いつか、自分だけのその表現が見つかったなら、
趣味人としてそれは言うことない到達点なのではないでしょうか。

上記は、一眼レフの良さを100も活かせてないのですが、
それでも、この文章が書きたくて載せました。
お気に召していただけると、大変幸甚でございます。

今日のBGM

Beach Boys "Wouldn't It Be Nice"

Wouldn't It Be Nice

Wouldn't It Be Nice

邦題で「素敵じゃないか」です。

Wouldn't it be nice if we were older / Then we wouldn't have to wait so long / And wouldn't it be nice to live together / In the kind of world where we belong

このアルバム『ペットサウンズ』は名盤と言われていますが、その通り。
この曲と"God Only Knows / 神のみぞ知る"の2曲だけで十分。