読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

花園神社のカップル

Japan Photo

f:id:ventottoprimavera:20170324004503j:plain

二人でお祈り

新宿の花園神社で、神社にお参りしているカップルを撮影。
すみません、肖像権侵害で申し訳ないです。

でも本当に二人の祈りが、二人の密な関係性を表しているようで、
ほっこりしました。

Laplandの森とFinlandia

Finland Photo Europe

f:id:ventottoprimavera:20170205235203j:plain

Laplandの森

ラップランドの風景です。
長い冬の間は、こんな荒涼とした、でもファンタジックな景色が延々と続いています。運が良ければ、オーロラが空で踊ります。
 
この夜、インストラクターとツアーのメンバーと一緒に、ひたすらスノーモービルで走り(私は運転音痴なので、ペアを組んだフィンランド人男性にほとんど運転してもらいました)、人里を離れた森の中へずんずん入って行きました。迷ったらおしまいになりそうな迷宮です。
 
スノーモービルのライトを消すと、あたりには一切光がなく、すぐ隣にいる人の姿も見えない。動物の気配もないので、物音は一切聞こえない。
視覚と聴覚をなくし、自然界の真の闇の中で佇んでいました。
 

今日の一曲

大自然の風景には、クラシック音楽が一番合うと思います。
 
この景色に合う曲はいろいろあると思うのですが…
やはり交響詩フィンランディアを選びたい。
 
 
これは、19世紀末・ロシア帝国政権下のフィンランドで発表され、ロシア政権に演奏禁止された有名な曲。当時の副題はフィンランドは目覚める」で、国を代表する作曲家シベリウスの祖国への愛国心が爆発しています。
 
今でこそ平和なイメージのフィンランドですが、大国ロシアとスウェーデンに挟まれ、過酷な歴史を歩んでいる国なんですよね。
 
わりと弾きやすく、金管が派手なので、オケでは定番人気のレパートリー。
中間部のメロディーは、キリスト教系の学校に通った人は、礼拝で讃美歌「やすかれわがこころよ」として一度は歌ったことがあるはずです(私もその一人です)。なので、この曲を聴くと、毎朝のように聖書賛美歌を抱えてチャペルに向かい、オケの部活に放課後励んだ学生時代も鮮やかに思い出します。
 
この動画からもわかるように、「フィンランディア」は、今もフィンランド第二国歌として愛されているようです。作曲家やその時代の人々の心情を思うと、涙なくして聴けない名曲だと思います。

 

夜明けのヘルシンキ港とスーパーポジティブなホテル

Finland Europe Photo

f:id:ventottoprimavera:20170205235207j:plain

ヘルシンキの朝焼け

夫のいる東京から、ところ変わってヘルシンキです。

ヘルシンキでは、West Harbour Terminal近くにある、Clarion Hotel Helsinkiという、去年出来立てピカピカのホテルに泊まりました。ヘルシンキではほとんどない高層ホテルで、毎朝、ヘルシンキ港の上空から清々しい朝日を拝むことができました。

朝日と言っても極夜の朝、午前8時をゆうに過ぎ、9時近いんですけどね。道端はまだまだ暗いです。

Clarion Hotel Helsinkiは、北欧で今勢いのあるホテルチェーンのひとつのようで、スーパーポジティブな感じです。どんな風にポジティブなのかというと、客室のデスクに置かれていた、CLARION LOVES YOU!というヘルシンキでやるべきことリスト」がそれを物語っています。

 

Sleep well at Clarion Hotel Helsinki!

Hug a Finn!

Throw a snowball!

Learn how to say "Moi mita kuuluu”!

Have a drink at our Sky Room Bar!

Take a tram ride!

Eat rye bread!

Try a Finnish Sauna!

Dive into our roof top pool!

Spot a Moomin!

Have a dip in the Baltic Sea!

 

最後の項目は、真冬のフィンランドではハードル高すぎで勘弁というところですが、ここに書いてあることの8割がた達成できたので、フィンランド旅行に後悔はありません。

このリストは、#NBE Finland参加者向けだったようですが、全体的にこういった感じの、フランクで楽しいホテルです。

客室の詳細やアクセス等、その他情報はこちらの記事に書きましたので、ご興味があれば是非どうぞ。実際、このホテルのルーフトップバーとプールはかなりオススメです。汐留あたりのホテルバーにいる!?なんてちょっと錯覚した気分になりました。

 

guide.travel.co.jp

 

今日の一曲

 

ハチの針

ハチの針

 去年出たアルバムの中で一番好きです。どちらかというと女性受けがいいような?

この試聴にはありませんが、「凄いよ 泳げるの?ハニー」のトコあたりが、色っぽくてイイのです。次回はバルト海で泳いでみたいな。

伝通院前の路地と民泊の話

Japan

f:id:ventottoprimavera:20170319231505j:plain

民泊の話

実は今、後楽園付近に泊まっています。
出張も含んでいるんですが、
先週からこの月曜まではプライベートなので、
宿を探そうとじゃらん、Booking.comを駆使した結果、
見つけた宿が、薄々気づいていましたが、所謂民泊ってヤツでした。

いや、民泊とはちょっと違うのが、組織的な民泊ってヤツで、
所謂ワンルームマンションを一室そのまま、
毎日の清掃もなく、チェックイン・アウトも無い、ある意味楽な民泊。
ただ洗濯機とか電子レンジとか乾燥機とか、泊まるのに必要なもの全て揃っていて、
全てセルフサービスの、欧州的なアパートメントタイプのホテルに近い感じ。
へぇ、そういうのを生業にしている人たちもいるんだ、と感心しました。

ただ・・・ただね・・・
アパートに入って最初に目に留まった、エレベーターの隣の張り紙。
うん、書いてあるんです。
「当マンションは民泊禁止です。」と、はっきり。

 

・・・ええんかい!?
もう毎日エレベーターで住人とすれ違う度にドキドキしてる。
そんなスリリングな日々です。
でもお陰様で、知人に会う度にこの話をしたら大体ウケてくれる、
ちょっとネタにできる出来事でした。(ブログネタにもなったし。)

でもやっぱり外国人とかも利用してるんですかね。
「深夜に高層階で外国人が歌っているようですが…」というクレームもあり、
張り紙全てが日本語と英語で書かれています。
マンションの人ももしかしたら分かっているのではないでしょうか。

現地文字の話

さて、今日の写真ですが、
伝通院前の路地にスクールゾーンという単語を見たので、
思わず撮ってしまいました。

・・・スクールゾーン、狭くないですか?
緑の部分がスクールゾーン?
一体何がスクールゾーンなんだろう、よく分かりません。
曲がり角ならまだしも、曲がった後の角ですよ。
一体何か特別な用途なんでしょうか。

現地文字って不思議ですよね。
別に良し悪しではなく、イタリアでもドイツでも、
英語に明るいような北欧諸国でも、
現地文字だけの看板はざらにあります。
そして、そういう看板に限って、
何を示したいのかさっぱり分からない、という笑
はたして外国人は想像できるのかどうか。

 

ちなみにこの付近、江戸時代末期に
新選組の前身である浪士隊が結成された地、なんだとか。
ちょうどその場所が墓地だったので、ふと我に返って、
久しぶりに背筋を凍らせて、部屋に戻ってきました。

たった数日間だけでしたが、面白い一帯でした、後楽園。
何この中学校とか、なんじゃこの狭い路地とか、
ラム肉が美味しいラーメン屋とか*1
想像以上に面白いエリアでした。
かつて東京で住んでいた頃は、たまにバイクで通ってたんですけどね。

明日には別の宿に移動します。

*1:MENSHO TOKYO

ヘルシンキのかもめ食堂

Europe Finland Photo

f:id:ventottoprimavera:20170205235206j:plain

ヘルシンキ観光の定番・かもめ食堂

ヘルシンキでは、お約束のかもめ食堂に行きました。

NBE Finlandでのもうひとりの日本人参加者、女忍者さんとご一緒しました!
 
女忍者の世界一周ブログ
 
怒涛のオウル・プレツアーが終わって、ヘルシンキに戻ってきて最初の夜。
立食パーティーのときに、話しかけてくださったのが女忍者さんでした。
フィンランドに来て初めて話した日本語だったかも?
 
女忍者さんは、2年間にわたる世界一周旅行をし、長旅の最後を飾ったのが、このNBE Finalndだったそうです!とても柔らかい雰囲気の方で、私もほっこりしました。
 
 
さて、ゆるいかもめの公式サイトもある、かもめ食堂
(下記公式サイトを開けると、かもめの鳴き声が流れてきて港感満載です)
 
 
私も、この取材旅行の前に、2006年の邦画「かもめ食堂」を観て予習して行きました。
 
実際のかもめ食堂は、最近リニューアルしたらしく、店内は明るい水色と白が基調で、とても可愛い雰囲気です。奥側にオープンキッチンは変わらずですが、映画のかもめ食堂とは、配置など結構違います。
 
ランチ時に行ったので、私は日替わりランチセット(15ユーロ)、女忍者さんはシナモンロール(6ユーロ)を頼みました(飲み物別)。余談ですが、フィンランドはユーロ圏なのもあるのか、他のユーロ国と比べ、そう取り立てて物価が高いと感じませんでした。北欧は高いと散々聞いていたのですけど、スイスやUKの方が高いと思います。スウェーデンは高そうですが。
 
日替わりランチは、サーモンステーキ・ブロッコリーのピリ辛炒め・お豆のスープにパン付きでした。そこそこボリュームあって美味しいし、北欧っぽい素朴な食器も可愛いです。女性なら結構おなかいっぱいになると思います。
 
でも、シナモンロールはおすすめしないかも…、映画に出てきたようなのではなく、なぜかとっても小さいシナモンロールでした。
 
シナモンロール自体は、ご当地名物なので、フィンランドのどこでもあります。ヘルシンキの駅や街のカフェで食べるシナモンロールのほうがずっと大きくて食べ応えありますよ。
 
かもめ食堂は、オーナーも変わったらしく、値段が高い、サービスが落ちたなどと一部言われているようですが、私は直前に映画を観て気持ちが盛り上がってたのもあり、「実際のヘルシンキに、映画と同じかもめ食堂が存在する」ということだけでも、特別な気持ちを味わえました。
 


かもめ食堂

 

この予告編だけでも、独特のカラッとした空気感を感じますよね。かもめ食堂には、あのお三方の写真とサインも飾ってあるのですよ。

映画のなかの、あのゆるい日常生活に入り込めるような感じが良かったです。
 
かもめ食堂へは、ヘルシンキ中央駅のバスターミナルからバスに乗って行きました。ヘルシンキ自体こじんまりしているので、それほど時間はかかりません。ちなみに、スタッフさんもお客さんも日本人がほとんどです。
 
映画は、夏のヘルシンキが舞台だったので、明るく伸びやかな雰囲気でした。
今度はその時期に行ってみたいなぁ。