Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

近況とイタリアの赤十字病院

お題「今日の出来事」

f:id:ventottoprimavera:20191202185811j:plain

まず、息子の近況

赤十字病院について書こうと思っているうちに、、
息子は早くも次の病気、手足口病に。。。

発熱、全身の湿疹、特効薬なし、飛沫感染、何度も罹る危険性あり、、
手足口病って恐ろしい病気なんですね、初めて知りました。

そして夫は先週も、今週も、そして来週も、出張!!!
毎週違う国にいます!!

なので、すべて自分ひとりでやるしかない。
保育園も、病気になられると登園拒否されるし。。

ということで、病院や薬局に通いまくりです。


それほど不在の多い夫ですが、在宅時は本当に頼りになるし、
業界の景気が今年良くない中でも、夫はとても良い結果を継続しているらしい。
同僚からでさえ、働き過ぎ!と突っ込まれてるそうですが。

私も時折発狂しそうになりながらも、ワンオペ海外育児を頑張っている甲斐があるというものです。。。^^

 

ただ、もう海外生活が結構長くなってきた私ですが、

こちらでの生活、仕事、育児、泣いたことは何度かあるけれど、
つらいとか逃げたいと思ったことは一度もないんです。

子供の頃、どうしても解けなかった問題や出来なかったことが、
ある日出来るようになることがとても嬉しかったのと同じように、
何も知らなかった土地で、少しずつ学んで、経験値を増やして、
出来ることが増えていくのは、大人になってもやっぱり嬉しいものです。

いや、大人になってからだからこそ、余計に嬉しいのかも知れない。
大人になればなるほど、自分の中に変化を見つけにくいだろうから。
小さな成功体験を日々積み重ねているといえばそうなのでしょうか。

あと、今いる場所が自分の居場所だと思うし、元々根本的なところが能天気なのかも。
アウェーな生活は、そういう人の方がきっと合ってるんだろうと思ってます。

他の海外在住の方はどうでしょうか?

 

そして、赤十字病院

イタリアでは、医療にかかる場合、かかりつけ医(Medico di base)か、総合病院(Ospedale)の二択になります。プライベートでの医師出張派遣サービスなどもあるみたいですが。

大抵の場合、まずは自分が登録しているかかりつけ医に最初に行くことになるんですが、当日朝の決められた時間内に電話予約しておかないといけなかったり、平日の数時間しか開いていなかったりと結構な制約があります。

なので、急を要する場合は、24時間やっている総合病院の救急(Pronto Soccorso)に走ることになるんですが、こちらはいわゆるトリアージで、赤信号の患者からいち早く診ていくシステムのため、命に別状がない場合は、結構な時間待たされることになります。

ja.wikipedia.org

うちの子は元気なので、病気以上に怪我が多く、夏に額を切って出血したので、総合病院の救急小児科に連れて行ったのですが、本当に容態の悪い子供たちばかりで見ていて気の毒になるくらいだし、院内感染しそうなアブナイ雰囲気も。。
その時は額の出血の見た目がおどろおどろしかったためか、割と早い時間に診てもらえたのですが。

でも、子供って、平日夜遅くとか週末とか、お医者さんがやってないような時に限ってトラブるのが常ですよねぇ。。

なので、そういった時間にも対応してくれる医院がないものか、、、と探していたところ。

ありました、Croce Rossa Italiana・イタリア赤十字です。

Google mapで探せば、家から最寄りのがきっと出てくるのではないかと思います。

うちは幸い徒歩5分以内のところにあったので、先日の「何を食べても吐く」という症状の時に連れて行ったら、小児科専門じゃないけれどという前置きはありながらも、週末の夜にすぐ診てもらえました。

結果、大事ではなく、すごく助かりました。

かかりつけ医がやっていない時間(深夜以外の平日夜間・土日祝)にやっているし、ここで解決できないひどい症状の場合は、救急車で総合病院まで運んでくれるそうです。

ちなみに私は、イタリアでは、総合病院から小さなクリニックまで合わせると、10以上の医療機関に今まで行きましたが、ほぼ英語は通じないと思った方が良いです。
たまにすごく英語堪能な医師もいますが、かなり稀なので、そうだったらラッキーというくらい。

でも、基本のイタリア語が出来れば大丈夫。説明ができるように、普段から部位や症状の勉強をしておけばもっと安心です。すごく不安なら、通訳さんに同行してもらったり、プライベートの外国人用病院もありますが。

そして診療代は、保険証見せればもちろん無料。税金が高いとはいえ、すごいですよね。。

海外住まいで一番悩ましいトピックのひとつが医療だと思います。参考になれば嬉しいです。

なぜ、スイス国旗なのか?

そう、スイス国旗と赤十字のマークって似ていますよね。

実は、赤十字のマークはスイスの国旗から。こんな由来があるのだそうです。

国際的な救護組織をつくろうと、16か国の代表が集まった時、オランダの代表が提案して、この組織を呼びかけたデュナンの祖国であり、その発足に大きな支援を与えたスイスに敬意を表して、スイス国旗の色を逆にした旗を、この組織のシンボルにし、組織の名前にしよう、ということになり、赤十字のマークと組織の名前が決定したのです。

赤十字発案者であるデュナンには、第一回目のノーベル平和賞が贈られたのだそうです。
こういうのは、本当に価値あるノーベル平和賞ですね。
今回、身にしみて思いましたよ。

下記ページから引用させていただきましたので、詳細ご興味ある方いらっしゃればどうぞ。

www.worldflags.jp

 

 

近くて遠い、スイスは面白い

お題「海派? 山派?」

f:id:ventottoprimavera:20191202185917j:plain

アルプスシリーズ、お次はユングフラウヨッホです

最近、お隣の国スイスの観光情報をよく書いてます。

www.travel.co.jp

この時に行ったスイス旅行中、最もお天気が良かったのが、

この大本命ユングフラウヨッホに行った日でした!嬉しい!

ちなみに、ユングフラウヨッホの存在を知ったのは、子供の頃、この本*を読んだ時です。

どんなところなのかと想像に胸膨らませたので、実際、この景色を見られた時は感無量でした。

でも、すっごく寒かった(笑) 

夏だったけど、気温は氷点下で、晴天だけどブリザード吹いてました。

 

*三毛猫ホームズ、懐かしい!今はより可愛い表紙になってますね〜。

三毛猫ホームズの登山列車 新装版 (光文社文庫)

三毛猫ホームズの登山列車 新装版 (光文社文庫)

 

 

スイスの印象は、不思議な国

北イタリアに住んでると、ローマはじめ南の方のイタリア国内よりも、スイスの方がずっと近く感じます。

実際に近く、車を1時間程走らせれば国境だし、南イタリアよりも断然行く機会が多いです。我々が一番頻繁に行くのは、アウトレットのフォックスタウンかな。

www.travel.co.jp

 

でも、スイスって、知れば知るほど、不思議な国です。

実際行ったらわかるのですが、国土のほとんど山だらけ。
その合間に可愛い村々と牧草地が所狭しと広がる、本当に小さな国。

年間通して気温は低く、山があるから天気がすごく変わりやすい。

昔は貧しくて、傭兵で国家の生計を立てていたというのは有名な話です。

でも、精密機械と金融産業で成功し、EU内のみならず世界的なブランド力がありますよね。

人口は850万人くらいしかいないけど、平均給与は世界一レベルに高く、ぶっちゃけイタリアやフランスの2〜3倍らしい(笑)

その代わり、生活費もべらぼうに高く、外食ひとつとっても、北イタリアの1.5倍〜2倍、南イタリアの3〜4倍くらいかなぁ。

なので、イタリアやフランスに住んでスイスに通勤するという人達もいるのですが、最近はそれも制限かかってきてるみたいです。

独自のポリシーがある永世中立国で、少し移動するだけで公用語がどんどん変わっていく(ほとんどはスイスジャーマン、西部はフランス語、南部はイタリア語、その他ロマンシュ語など)。

EUに所属していないから、通貨も違うし、EUローミングフリーも使えない。

税金も違うので、イタリアよりもガソリンが安く、国境近くに住んでいる人はスイスに給油しに行っています。

EUという中で一応足並み合わせているヨーロッパの中でも、孤高というか、異端というか。そんな存在感があります。

 

スイス人は、一生のうちに、生まれ故郷を離れて生活する人が世界で最も多いという統計を見たことがあります。

逆に、故郷で生まれ育ち、同じ土地でそのまま生涯を過ごす人が最も多いのが日本人だそう。

海外転居までする人は、日本人全体の1%しかいないそうです。

私達は1%なのかぁ。実際どうなんでしょうね?

 

本日、新鮮なポルチーニ(茸)あります。

お題「ちょっとした贅沢」

f:id:ventottoprimavera:20190930053826j:plain

ナヴィリオの骨董市

先日、まだお天気が良かった頃。
ミラノのナヴィリオ運河に行ってました。
まぁ行ったとはいっても、私はあまりの人の多さに、一瞬だけ。
今日は月一回、最終日曜日だけ開かれる骨董市の、まさにその日で、
骨董好きの妻はそれ目当てだったのでしっかり堪能したようですが。

ナヴィリオ運河というと、日本からいらっしゃる方を案内する度に、
「『紅の豚』のワンシーンに出てくるんですよ、この運河。」
と、お決まりのように説明するんですが、
実際はあんな飛行艇が飛べるような広さどころか、この運河、本当に狭い。
(昔は運河が埋め立てられておらず、そんな広さがあったのかと思いますが)

そんな狭い運河に骨董市の露店が隙間なく開かれ、
いつでも多い観光客に、骨董市目当ての地元民が合わさった人混みコンボ。
あまりの人の多さにすぐにベビーカーを引きずって、近くの公園に避難しました。

食事だけ一緒に来た感じです。

私にとって、今日はテノハラーメンが美味しかったことで、十分です。

定番の秋冬料理

さて、秋といえばやっぱり「食欲の秋」。
Goloso(食いしん坊)にとって、イタリアの秋は楽しみな季節です。
(毎年言ってる気がしますが、、、)

以前紹介したうなぎや、白トリュフもそうですが、 

そんな地域限定のものではなく、
より一般的なのはフンギ・ポルチーニでしょう。
フンギ=Funghiとはキノコのこと、ポルチーニ茸は日本でも結構有名ですよね。

初秋になると、スーパーマーケットにもじゃんじゃん出てきます。
シーズンじゃくても、乾燥ポルチーニならいつでも手に入ります。

どう調理したって美味しいですが、やはり私は、リゾットで食べるのが一番好き。

私の場合、リゾットってなぜか量は沢山食べられないんですが、
フンギのリゾットだけは別格!!!!
あの特徴のある濃厚なコクと味わいに、ペロリと一皿いけちゃいます。

もうひとつ、こちらでの秋冬の風物詩として有名なのは、オッソブーコ。

仔牛の骨付きすね肉を煮込んだミラノ料理で、黄色いミラノ風リゾットとワンプレートでいただきます。骨髄までしっかり食べるので、一皿でお腹いっぱい。
きちんとオシャレして、温かいコートに身を包んで出かける晩に食べたいご馳走です。

あぁ、書いてたら無性に食べたくなってきた。

近所にオッソブーコを出す可愛いオステリアがあるから、近いうち行こうかな。

 

 

 

 

 

 

冬のイタリアで、夏のギリシャに想いを馳せる

f:id:ventottoprimavera:20191119062436j:plain

お題「思い出の一枚」

イタリア、異常気象です

イタリアの長雨が止まりません。
ここひと月ほど、週に6日は雨が降ります。

季節柄、北イタリアならまだしも。
日頃、晴れの国を謳ってる南イタリアでさえそんな状態のようです。

ヴェネチアがとんでもない事態になってるのはすでにニュースで周知の事実。

ヴェネチアだけでなく、イタリアは古い建物が多いので、
雨漏りになっているアパートメントも多いみたいです。。。

 

この年末年始は、2週間半程が休暇になる予定ですが、
めずらしくどこに行く計画も立てていません、今のところ。

まずは、、、とにかく、ゆっくりしたい!!
(子どもがいると、それも不可能に近いんですけど、、とほほ泣)

子ども用のキッチンセットや本棚の組み立て、
家じゅうの大掃除とメンテナンス、
健康診断や色々な書類整理、

そういう普段溜めに溜めていることを1つ1つやっていく予定です、まずは。

 

写真は、前回が山だったので、今回は海を。
クレタ島のバロスビーチです。

人生で行ったビーチの中でも、行くのが大変だったベスト3に間違いなく入ります。

でも、来た甲斐あったと思わせてくれる、絶景のラグーンですよ。

 

www.travel.co.jp

 

ツェルマットとマッターホルン

お題「海派? 山派?」

 f:id:ventottoprimavera:20191105231809j:plain

山派の方にぜひ読んで欲しい、新作記事を書きました

www.travel.co.jp

 

私達のブログでも、山のなかで最多登場回数なのではないかと思われるマッターホルン

改めて、ツェルマットについてのガイド記事を書いてみましたが、
私はスイスの中でもやはりこのツェルマット界隈が好きなのだと改めて思いました。

なぜなら、とにかく、

マッターホルンがカッコイイ!!

 

ゴルナーグラート展望台の永久凍土と山岳ホテル「3100 クルムホテル ゴルナーグラート」の様子は、もはや映画の世界さながらだし、

f:id:ventottoprimavera:20191107072644j:plain

世界最高標高まで上っていくロープウェイの名前は、
"Matterhorn Glacier Paradise"だなんて、カッコ良すぎじゃないですか?

f:id:ventottoprimavera:20191107072805j:plain

映っているのは以前一緒にスキーにいったメンバーです

そして、やっぱり1年中スキーが出来る楽園なんて凄すぎる。

私達もさすがにまだ夏スキーはしたことないですが、、
いつかトライしてみようと思っています。雪質はどうなのかな。

ガイド記事に入りきれなかった写真のうち、
天気の良かった日バージョンをいくつか掲載しておきますね。

願わくば、もう少し雲がどこかに行ってくれると良かったのですが。

どれも、ハイキング途中に見られる風景です。

f:id:ventottoprimavera:20191105232804j:plain

f:id:ventottoprimavera:20191105232920j:plain

f:id:ventottoprimavera:20191105233227j:plain

 

 そして近況

スウェーデン出張を終えてすぐ、夫は次の日本出張へ。
今週末まで不在ですが、ようやく半分以上が過ぎました!

最近のイタリアは記録的長雨なんじゃないかと思うほど、
毎日のように陰鬱な雨が降っています。どうも全土のようです。

普段、元気が取り柄の息子が何を食べても吐くし、
その上ひどい咳もするという症状に陥り、

それがまた祝日&週末の夜という最悪のタイミングだったので、
雨降る夜道をトボトボとこちらの赤十字クリニックへ。

私はといえば、産後しばらく経ってからなのか、近頃、
原因不明の蕁麻疹に悩まされるようになり、またそれが再発。

・・・と近況を文章に起こすと、何だかどんより暗い感じですが、

今は息子はすっかり元気になって食欲も戻ったし、
私の蕁麻疹も日本からアレグラというお薬をもらったので、
何とか対処できてます。

しかし、夫の不在が多いためなのか?、
息子のママっ子ぶりが加速していっている気がします。。。

夫は例年通り、クリスマスまではノンストップなので、
冬休みにたっぷりのんびりしてもらおうと思います。

イタリアの赤十字については、また色々と経験できたので、後日書きます。

サマータイムも終わって、暗ーいヨーロッパになると、
スキッとした青空に映えるマッターホルンの写真には元気をもらえますね。

おやすみなさい。