Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

北イタリアの異常気象

f:id:ventottoprimavera:20181014183013j:plain

コマッキオの運河

太陽が見えない。。。

ここ3週間ほど、北イタリアでは、ほぼ太陽を見ていません。イタリアにあるまじき、とんでもない天気模様がずっと続いていました。

毎日毎日、来る日も来る日も雨!雨!!雨!!!

秋冬はいつも乾燥に悩むのに、今年はどこもかしこも潤って濡れています。こんなことは、私達も住み始めて以来初めてで戸惑います。

世界中で異常気象としかいえない事象が続いて、特徴として、なんというか、とにかく「極端」ですよね。

北イタリアも、6月くらいから雨が降らず、ずーっとかんかん照りが続いたかと思うと、秋は異常な長雨で。

そして、極端な天気は、今までにないような災害を引き起こします。

ヴェネチアが州都のヴェネト州は特に酷い有様で、山間の村は土砂崩れで消失しただとか、ヴェネチアは全島水没だとかのニュースがどんどん入りました。

ニュースでは、膝まで水に浸かりながら、ヴェネチア人達は、レストランやお店を気丈に通常営業している様子を映してました。ヴェネチアーノって強いなぁ、と感嘆します。

 

コマッキオも大丈夫かちょっと心配です。

小さなヴェネチアと呼ばれる、水路がたくさんあるコマッキオも、かなり水位が上がったと思います。コマッキオはエミリアロマーニャというボローニャが州都の州にあるので、ヴェネト州ではないのですが。

運河が街にとけ込んだ綺麗なところなので、少し心配です。きっとヴェネチアーノ同様、潟に生きる人々の経験と知恵があるのでしょうが。

今年のうなぎ祭りは終わってしまいましたが、また来年以降、秋に行かれる方のためにぜひ↓

 

www.travel.co.jp

 

三連敗なんてくやしい

お題「どうしても言いたい!」

f:id:ventottoprimavera:20181102104642j:plain

フランクフルト・アム・マイン中央駅 青空

ビジターで勝てなかったなんてくやしい

なんなんですかね、そういうことなんでしょうが。
土日こそは。

 

いや、まだ日本シリーズが終わっていないんだけど、
次3連勝しないと日本一になれないわけですよ。
そんでもしその間に負けたりすると、
野球がないシーズンでもつい、いつものクセで野球関連のページを見る度に
何故か日本シリーズの最後の試合結果だけ、ずーーーーーーーーっと、
それこそオープン戦が始まる年明け2月末までの4ヶ月間ずーーーーーーーーっと
「直近の試合結果」に負けた試合が表示され続けてるわけですよ。
それって本当にやるせないんですが(2016年当社調べ)
34年の間に何度も優勝されてれば、そりゃそういう感覚分からんですよね。
ちなみに僕の人生初めて連れてかれた球場は平和台です、近鉄にボコられてましたね。
あの時は確かに弱かったなぁ、だから34年というのは長い年月でしょ。

 

ビジター三連戦中はずっとドイツにいたわけです。
木曜は欧州の結構な地域が祝日だったんですが、
フランクフルトのあるヘッセンは何故か祝日ではないので出張・仕事してました。
土日月とイタリアで過ごすので、このゲンを担げば負けないはず。
土日勝ったら絶対に月曜日も休み取ってやる。

・・・でも引き分けもあかんかったな。

サマータイムが終わってしまう...

お題「カメラ」

f:id:ventottoprimavera:20171024055640j:plain

初秋のトスカーナオルチャ渓谷

 

今週末、欧州サマータイムが終わります

いつも通り、10月最終週に終わってしまうサマータイム

冬時間になると、一気に夕方が真っ暗になります。1月も半ばを過ぎてくると、またグググっと明るくなっていくのは面白いんですけどね。

この日曜日は1時間たくさん眠れて、若干の時差ボケも起こします。ヨーロッパ中でそんな現象が、年に二度起こります。

が、しかし。このサマータイムそのものも、なんと来年春で終わってしまうというではないですか。個人的には夜が明るい夏時間が好きなので、とても寂しい。

この件は、こちら在住でも、なんだか、急にふってわいたように感じる話です。議会では前々から協議されていたのかも知れませんが。

この記事を読む限り、どうもEUが暴走しがちに思うのですが、どういう真意があるんでしょうね。

www.swissinfo.ch

 

秋の曲


歌劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第1幕前奏曲(ワーグナー)

 

秋の曲、私はなんとなく、これでした。

別に秋のオペラというわけではないのですが、私が学生時代に所属していたオケ部で、確か秋にあった高校の音楽礼拝で演奏したことが、今も思い出深く残っているからです。

今思えば、朝からなんと騒々しい礼拝だったことでしょうか。

 



 

秋の曲

f:id:ventottoprimavera:20181022052328j:plain

秋です。

ご無沙汰しております。
何とか無事生きておりますが、ちょっと忙しい毎日を過ごしております。

ようやく夏が終わり、秋が来ました。
葡萄畑の実を見ると、まさしく秋の訪れを実感しますね。

結構僕は季節によっても曲を変えたいのですが、
秋の曲を集めると、そんなにない上に、ちょっと物哀しい曲ばかり集まります。

そんな中でもELLEGARDENの"The Autumn Song"が好きでした。
シングルでもないB面曲なんですが、なんか秋が来たって感じで、
エルレらしいノリの良い感じが好きです。


ELLEGARDEN - The Autumn Song (한글자막)

 

今年、エルレ再結成したんですよね。
ライブに行った人、いいなぁ。

大学時代にどハマりしてたんですが、そういえば一度もライブ観ていない気がする。
なんかサマソニだったか、チャンスがあったのに、
その後のメインステージで、ウィーザー観るために、友人たちを置いて、
一人泣く泣く去ったような。

今考えると勿体無い。
ウィーザーなんて高校時代も社会人時代も観に行ってるじゃないか。
でも細美武士はその時のMCでウィーザー観に行けって言ってたとかなんとか。

妻とさっき「昔に1日だけ戻れるならいつに戻りたいか」って聞かれて、
なんとなく大学2年って答えたんですが、そういえばそのエピソードも大学2年。
日にちが選べたとしたら、この日に帰って、エルレを観よう。
その後休止して、活動再開する頃にはお前は日本にはいないんだぜ。
あと時間もしっかり管理して、デスキャブ、ティーネージファンクラブも観よう。
3年後それがないといられなくなるんだぜ。
そんで終電なんか気にせず、オアシス観るよう説得しよう。
この何年後か、最悪の兄弟喧嘩してもう観られなくなるんだぜ。