Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ツェルマットとマッターホルン

お題「海派? 山派?」

 f:id:ventottoprimavera:20191105231809j:plain

山派の方にぜひ読んで欲しい、新作記事を書きました

www.travel.co.jp

 

私達のブログでも、山のなかで最多登場回数なのではないかと思われるマッターホルン

改めて、ツェルマットについてのガイド記事を書いてみましたが、
私はスイスの中でもやはりこのツェルマット界隈が好きなのだと改めて思いました。

なぜなら、とにかく、

マッターホルンがカッコイイ!!

 

ゴルナーグラート展望台の永久凍土と山岳ホテル「3100 クルムホテル ゴルナーグラート」の様子は、もはや映画の世界さながらだし、

f:id:ventottoprimavera:20191107072644j:plain

世界最高標高まで上っていくロープウェイの名前は、
"Matterhorn Glacier Paradise"だなんて、カッコ良すぎじゃないですか?

そして、やっぱり1年中スキーが出来る楽園なんて凄すぎる。

f:id:ventottoprimavera:20191107072805j:plain

映っているのは以前一緒にスキーにいったメンバーです

私達もさすがにまだ夏スキーはしたことないですが、、
いつかトライしてみようと思っています。

ガイド記事に入りきれなかった写真のうち、
天気の良かった日バージョンをいくつか掲載しておきますね。

願わくば、もう少し雲がどこかに行ってくれると良かったのですが。

どれも、ハイキング途中に見られる風景です。

f:id:ventottoprimavera:20191105232804j:plain

f:id:ventottoprimavera:20191105232920j:plain

f:id:ventottoprimavera:20191105233227j:plain

 

 そして近況

スウェーデン出張を終えてすぐ、夫は次の日本出張へ。
今週末まで不在ですが、ようやく半分以上が過ぎました!

最近のイタリアは記録的長雨なんじゃないかと思うほど、
毎日のように陰鬱な雨が降っています。どうも全土のようです。

普段、元気が取り柄の息子が何を食べても吐くし、
その上ひどい咳もするという症状に陥り、

それがまた祝日&週末の夜という最悪のタイミングだったので、
雨降る夜道をトボトボとこちらの赤十字クリニックへ。

私はといえば、産後しばらく経ってからなのか、近頃、
原因不明の蕁麻疹に悩まされるようになり、またそれが再発。

・・・と近況を文章に起こすと、何だかどんより暗い感じですが、

今は息子はすっかり元気になって食欲も戻ったし、
私の蕁麻疹も日本からアレグラというお薬をもらったので、
何とか対処できてます。

しかし、夫の不在が多いためなのか?、
息子のママっ子ぶりが加速していっている気がします。。。

夫は例年通り、クリスマスまではノンストップなので、
冬休みにたっぷりのんびりしてもらおうと思います。

イタリアの赤十字については、また色々と経験できたので、後日書きます。

サマータイムも終わって、暗ーいヨーロッパになると、
スキッとした青空に映えるマッターホルンの写真には元気をもらえますね。

おやすみなさい。

 

 

 

 

 



GANREF今日の一枚に選ばれました

f:id:ventottoprimavera:20161018063311j:plain

GANREF今日の一枚に選ばれました

写真投稿・共有サイトGANREFの中で、10月27日の今日の一枚に選ばれました。

港町ドブロブニク | GANREF

選んでいただき、誠にありがとうございます。
実は最近GANREFに登録し始めたばかりで、未だにシステムが分かっていませんが、
ある日突然アクセスが200とか、コメントが何件も登録されたのだとか、
一体何が起きたのか、分かりませんでした。

しかも自分が把握したのは、今日の一枚にセレクトされた、次の日・・・
スウェーデンにいた時です。忙しかったのよ、今もそうだけど。
なので、編集部から折角いただいたコメントも読むことが出来ず、非常に残念です。

とはいえ、自分の作品が少なからず評価された事は、嬉しいことです。
しかも、単焦点や高級レンズでなく、当時使っていたキットレンズで撮られた写真、
という事も一つの自信になります。
コメントでは構図を褒めていただく事が多く、嬉しい限りです。

ちなみにこの写真は以前、下記記事の時に使った写真です。
今日は再利用しますね。

 

内緒ですが、明日から日本です。
毎日朝から、それこそ晩の会食、ホテルの部屋に入るまで、
仕事で全てスケジュールが埋まっているので、
折角関西〜中部〜関東と動くのですが、あまり撮影に時間を割く事は難しそう。
家族に会う時間も作れなかったくらい。

それでも少しくらいは時間作って、色々撮れたらと思います。

夜明けを行く

f:id:ventottoprimavera:20191031071538j:plain

そんな訳でストックホルムです。

帰ってきました、そんな訳でストックホルム中央駅の写真を納めておきます。
手がかじかむレベルで寒かったです、これでもまだ10月末。
本当の冬を、まだ体感していないのです、我々。

そうそう、スウェーデンの写真をあげるのは初めてなんですね。
そういえば、ベルギーだったり、ノルウェーだったり、ルクセンブルクだったり、
実はアップしていない国も結構ありますね。
最近行ってないから、過去の写真は恥ずかしいんですよ、構図とか甘いし。

シルミオーネ、急激に知名度上昇?

シルミオーネの記事の閲覧数がものすごいことになってました

 この記事です。

www.travel.co.jp

何事だ?と思ったら、フジテレビ系列で、こーんな番組があったのですね、
納得、納得。

www.oricon.co.jp

ガルダ湖とシルミオーネは隠れた景勝地なので、
イタリアマニア・リピーターの方なら、
チンクエテッレの次くらいには訪れていただきたいところです。

(過去記事参照↓)

italia.hatenadiary.com

 

それはそうと、

私達は週末からスウェーデンストックホルムにいます(出張とその帯同)。

いや、寒い。笑っちゃうほど寒い。外気温は0度とか。

すごく綺麗な水の都なのに、写真撮影に行くのも躊躇するほど寒い。

1歳児にはもちろん、普段、南欧で暮らしてる身なので、大人の私達にもハードな環境です。まだミラノは20度近くあるし。

でも、空気は澄んでて、とてもクリーンで良いところです。

やはり北欧は夏ですね、プライベートで一度、夏に訪れたい。

3人とも寒くて縮こまってとにかく眠いので、写真はまた今度。

 




ポーランド好き過ぎやろ

f:id:ventottoprimavera:20191024061846j:plain

メモを取るようになりました

最近、物覚えが悪くなっています。
いやいやこれは、歳のせいではなく、自分の習慣だったと思うのです。

スマホが普及する以前から、色々携帯に情報を入れたりしていましたが、
情報を整理整頓せず、ただただ沢山保管して、
自分の脳に留めて置く事を止めていました。
また、色んな事をすぐにネットで調べたり、計算を計算機任せにしたりして、
仕事以外の単純作業に自分の脳を使っていませんでした。

その事に自覚して愕然としたのは、数年前に転職する時。
大学生で就活していた頃、毎回飽きもせずによくやらせるな、と
完全にバカにしていたSPIを、転職活動の時にやり始めて、あれ?あれあれ?と。
昔はハナほじっていても出来たものが全く出来ずに・・・

 

だからメモを取る。学んだ事は自分の手で書き留めて置く。
これ単純な事で、自分の頭が整理されて、留められる情報が増えます。
分かっていたのだけれど、面倒な事をやり始めるのはいつも至難の技。

いやいや、これ、その分効果てきめんですよ。

ポーランドの高速道路

そんな訳で、ミニチュアっぽい写真の作り方を色んなサイト見て勉強しました。
自分でメモを取ってまとめて、実際にやってみる。
実際にやってみることも大事、そうじゃないと覚えないので。

今回は既にある写真を使いました。
わざわざ高い所を探して撮りに行く時間が今の私にはなかったので。
今月頭にクラクフ行った時、着陸直前に機内から撮影した写真。
ミニチュアっぽくしたいなぁ、と思ってようやく実現しました。

初めてなんで、沢山粗はあると思います。
でもやり始めないと学習しないですよね。

寧ろ自分がやりたくてたまらない趣味なのに、
どうして今までメモを取らなかったのか。

 

いやー、しかしポーランド大好きだわ、やっぱ。
もう一度行きたい、仕事作んなきゃ、ですね。