Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたりが、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

ハロウィンのラガッツォ・イタリアーノとアホな日本人

お題「ハロウィン」

f:id:ventottoprimavera:20161101073848j:plain

トリック・オア・トリート!

軽い夕飯の後でした。
いきなり玄関のベルが鳴り、我々は驚いたのですが、
妻が玄関を確認しに行くと、そこには小さなオバケが!!
ハロウィーンで回ってきた子どもが、我々の家のブザーも押したのです。

慌てて、何かお菓子は、と家の中を思いつく限り探して、
私が毎回出張行く度に買うお土産の残りがあったのを思い出し、事なきを得ました。

それにしても、とてもキュートなオバケさん。
こんな物騒な世界に、夜に一人で出回って大丈夫かな、と思ったのですが、
お菓子をあげた際、確認したところ、どうやら親が陰に隠れている模様。
この夜、ウチの玄関のベルを鳴らしてほっこりさせてくれたのは、彼だけでした。

なんて勇敢なんだろう。
別にみんながやってるわけじゃないし、やらされてるわけでもない。
それでも一人で始めちゃうこのオバケさんは、
この晩の我々夫婦の話題を一挙に独占しちゃいました。

ハロウィン以外に盛り上がれないの?

イタリアだって、日本と同じ。
ハロウィーンが商業的に入り込んできて、嫌悪する人が大多数。
いい大人なんかは鼻で笑い、いかつい若者なんかは便乗して盛り上がってる。
でも日本ほど節操ない人達は多くないです。

何で日本の渋谷とかこの夜歩いてる人達は、心底節操がないのでしょうか。
あまり言いたくないのですが、周りの騒ぎに乗じて祭りをやるようでは、
自分や他者の文化的な側面を区別できていない、としか思えない。

私なんかは、幸いにして、子どもの頃ハロウィーンを体験できたのですが、
あれは本当に、子ども達が列を作って、近所の家を回りに回る、
町中が子ども達の大行進を作ります。
ああいうのはやっていて本当に楽しいし、見ていた母も毎年楽しんでいました。

ハロウィンを子ども達レベルでやるのは、個人的に、大賛成。
子ども達がもっと自由に外を歩ける世界は素晴らしい。
もっとお菓子を子ども達に配れる社会を築くべきだ。

ただ、ハロウィーンという文化的側面を、理解もせず遊んでいる輩は、
体験した側から言わせてみれば、周りに流されるだけの自分を持っていない人達。
いつだってこの時期の渋谷の映像を見ると、醜い、気色悪い。
節操なくて、ただ単に嘲笑の的だって気付かないんでしょうか。

どうせ盛り上がるなら、地元のお祭りとか、盆踊りとか、
自分たちのアイデンティティに立ち向かったのなら、かっこいいじゃないですか。
そんなことも出来ず、ワガモノ顔でいい歳して未だ文化祭やってる人達、
もっと大人になって、社会の為に何かしませんか?

(写真はナヴィリオの公園のベンチに座っていたおっさんで、本文とは一切関係がありません。)