Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

イタリアの歯磨き粉味の風邪薬

f:id:ventottoprimavera:20180102083505j:plain

心底不味い。。。

今年が全世界的に寒すぎるせいなのか、
それとも年齢的に身体にガタが来ているせいなのか、
11月末から何度も何度も風邪をひいています。

年明けもまさかこんなにすぐ。
今回で通算4回目、しかも寝れども寝込めど中々治らない。

出張だのなんだのあって、医者に行くのも2度目、
マラティアという、会社へ提出する診断書を書いてもらいました。
この診断書のお陰で有給休暇を消費する事もなく休めるんです、
そりゃ行かなくちゃしょうがない。

ただ今回、今までのホームドクターが信頼できなくなってきたので、
一度話した事のある、英語も流暢なお医者さんに変更して行きました。
色々話したい事も話せて、あぁ、このお医者さんでいいと思ったんですが。
思ったんですが、それでもやっぱり出されるお薬、その名も

OKi(オキ)

f:id:ventottoprimavera:20180109052239j:plain

ブルータス、お前もか。。。

 

この薬、不味いんですよ。
いや、不味いなんてもんじゃ語り尽くせないんですよ、後味も最悪なんですよ。
いや、不味い、後味も最悪ってのも、まだ言葉足らずな気がします、
好き嫌いが殆どない私でも、大嫌い、と言い切れる味です。

「OKI 薬」と検索して、イタリア生活を書いてるブログが幾つか引っ掛かりますが、
まぁみんな書いてる単語、一緒(笑)

不味い

歯磨き粉の味

仰る通り(笑)
ほんと歯磨き粉を食べた気がします。
そして歯磨き粉がお腹の中に溜まった気がします。
ただでさえ風邪で辛いのに、余計な不快感が増します。
何で風邪治すがために余計な不快感を味わなきゃいかんのよ。

 

いや、最初は水に溶かして飲むなんて知らなかったんで、
舌の上にくっつきまくって、人生最大のトラウマでした。
いやいや、水に溶かさなかったのが悪かったんだと、
次は白湯に溶かしてチャレンジしても
歯磨き粉をコップ1杯分飲んでる気分、そして胃も受け付けない。
今回もカモミールティーに入れてみましたが、
歯磨き粉の科学的な甘さがカモミール風味と勿論マッチングしない、
結局は胃の中の不快感が増しただけ。
もう、風邪なんてどうでも良くなります、治りもしてないのに。

 

そんな薬なのに、イタリア人に風邪引いてると伝える度に、
結構な頻度でOKi飲んだか、OKi飲めばいいぞ、と事あるごとに勧めてくる。
ホームドクターも含め、こいつらバックマージンでも貰ってんじゃないか
真剣に疑った事もあります。

 

ちなみに、12月ウィーン出張の時も風邪で苦しんでおりまして、
その時、同僚にアスピリンを始め、色々オススメしてもらいました。
これがどれも美味い!

f:id:ventottoprimavera:20180109052620j:plainf:id:ventottoprimavera:20180109052641j:plain

アスピリンAspirinaとネオシトランNeoCitran。
説明書通りお湯に溶かせば、甘めのレモンティー。
ウィーンではホテルで寝込んでいる最中、毎日飲んでました。
ドイツ語圏だと結構定番なんですってね、なんと羨ましい!

 

ところで、これ読んだ人、
良薬、口に苦し」という言葉を浮かべるかもしれません。
言っておきますが、苦いというだけなら、私も何もここまで書きません。
寧ろ苦い薬の方が大歓迎、なんかめっちゃ効いてる気がするじゃないですか。
何というか、OKiの味は、苦さなんてもんじゃない。
もっとなんとか出来たんじゃないか、何故この味なのか、
頭がおかしいんじゃないか、理解に苦しむ味なのです。
そしてお腹に入って効いてる気分にならず、
寧ろ小さい子どもが間違って食べちゃダメなモノを胃に入れた気分になるんです。

 

一体何故なのか。
イタリアって美味しいものだけないですよね。