Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

マスク、マスク、マスク

お題「気分転換」

f:id:ventottoprimavera:20200518022812j:plain

言いたいことはマスクだらけ

イタリア自粛生活も段々と緩和されています。
元々6月1日開始だった諸々も少し早まって、今週月曜18日からお店が通常営業。
あと開始していないのはレストランくらいでしょうか。

先週の土日は気分転換に外に出た週末でした。
緊急事態宣言の解除スケジュールが出された先々週末、先週末辺りから、
外を歩く人達が自粛以前のレベルまで戻ってきていました。
以前は戦争状態か、はたまた8月の夏休みのように閑散としていたのですが、
皆さん3ヶ月近くの引き篭もりに疲れたのでしょう、
ジョギングやウォーキングのような軽装でいるのが大半で、まだ気分転換レベル。

でも皆、外出するにはマスクが必須です。
ほら、見てください。
イタリア人がマスク、マスク、マスク。
なんかヨーロッパじゃないみたい。

 

辻仁成さんが、フランス人もバカにしてたなんて言ってますが、
言っちゃ悪いですが、ヨーロッパの人、殆ど同じ意識だったと思います。
バカにまではしていないですが、不思議がり奇妙な目で見ていました。
(また、日本に限った事ではなく、どちらかといえば東アジアに対してです。)

でも、今やヨーロッパ人までマスクするようになりました。
ウチのオーストリアの本社ですら、社内の離席時はマスク着用の義務化。
なんだなんだ、この世界は東アジア化していくのか。

 

ちなみに先週の日曜はまだもう少し閑散としていました。
それでもようやく街を人々が歩き始めたのは変化の兆し。
更に言えば、今まで道端に座り込んでいたおばちゃんも、また物乞い再開してました。
あれ、こないだパン屋で買い物して、すれ違ったはずなのに。
お金をせびられても困るよ、あの時普通にスーパーの買い物袋一杯だったじゃないか。

f:id:ventottoprimavera:20200511041712j:plain