Two for the Road いつもふたりで

"Due per la strada" --- ミラノに住むふたり、橘凛・橘廉の夫婦が、徒然とイタリア生活やヨーロッパの綺麗な風景、旅行記を綴ります。

カバー曲はどうにも好きになれません

f:id:ventottoprimavera:20200809081722j:plain

今週のお題「夏うた」

JITTERIN'JINN、好きです

今週のお題に乗っかりましょう、JITTERIN'JINN好きです。
夏のジッタリンジンなんて言ったら、そう、この曲「夏祭り」

このブログを始めた2016年、
夏に日本から来た友人と車でクロアチア等回ったのですが、
この時、車で移動したもので、絶対に飽きないように
車に繋いでるiPodに曲を沢山、特に夏っぽい曲を詰め込んだんですよ。

お陰で、夏になるとそれをとりあえずエンドレスで掛けているのですが、
最近、このJITTERIN'JINNの「夏祭り」が流れて、
独りで運転しながらしんみりしておりました。

私の世代だと、Whiteberryの方が有名だと思うんですが、
どうしてもあのカバー曲を好きになれません。
ちょうど自分がギター少年で、ひねくれていた気持ちがあったからかもしれません。

それでも、今聴いても、オリジナルの方が断然格好いい。
ギター、ベース、ドラム、そんなシンプルな編成ですが、
我々の頭に思い浮かべる情景をこれでもかと上手く表現されています。
というか、JITTERIN'JINNの音にすごく合ってるんですよね。
特にドラムの祭り囃子は最高ですよね。
エレキのカッティングは、小さな花火みたい。
そしてあの水が流れるようなギターソロの音も素晴らしい。
Aメロのベースやさらりと流れるアコギも祭りの空気感を出している。
そして歌の間のリフは、花火ですよね。

あぁ、やっぱりJITTERIN'JINN最高だな〜。

 

もう10年近く日本の夏を体感しておりません。
私は蒸し暑いのが嫌いなので、春夏秋冬、一番最後に来る選択肢は夏なのですが、
だからといって、日本の夏に帰りたくないというわけではありません。
日本の夏の情景というのは、独特で、海外では味わえません。
たまににわか雨のあがった後の夕闇の匂いがこちらでもすると、
私は日本の夏に無性に帰りたくなります。

あれ、ペトリコールって言うんですよね。
私にとって、夏のペトリコールは日本の夏を思い出させます。
そんな時に、このJITTERIN'JINNの「夏祭り」なんて聴くと、お祭りに行きたくなる。
どこでもドアが欲しい。
どこでもドアがあれば、今の生活のまま、日本の夏祭りが味わえる。
別に10代、20代に戻って、夏祭りの淡い思い出を味わいたいというわけじゃないんだ。
たった1時間、たった10分だけでもいいんだ。

 

勿論、今年はどんなに願っても無理だと分かっていても。

今日の写真

そんなこんなで以前、過去記事の写真の時の、ドブロブニクの全景写真です。
一応、三脚立てて撮影してたんですね。
でもレンズが安物で、大した写真ではないのですが。。。